中根金作の庭園

中根金作の庭園の記事が35件あります。

中根金作(なかねきんさく)は昭和〜平成年代の名庭園を多く手がけた、現代を代表する名庭師。

「昭和の小堀遠州」とも言われます。最も有名な代表作と言えるのが、海外の日本庭園誌で10年以上1位を守り続けている「足立美術館庭園」。その他にも京都の城南宮、大阪の大仙公園、福岡の大濠公園などに大規模庭園を手掛けるなど国内外で300以上の庭園を手掛けたと言われています。ここに掲載しているものもまだまだほんの一部…。

個人的に最も好きなのは、静岡県出身によるインスピレーションなのかな――と感じる佐賀の「慧洲園」。茶畑による富士山のような築山が美しい。

現在は長男である中根史郎さんが「中根庭園研究所」を引継ぎ、やはり素晴らしい庭園を手掛けられています。
中根庭園研究所

神勝寺 無明院庭園

Shinsho-ji Temple Mumei-in Garden, Fukuyama, Hiroshima

神勝寺無明院庭園について 「天心山 神勝寺」(しんしょうじ)は造船大手“常石造船”の社長・神原秀夫が開基となり1965年(昭和40年)に創建された臨済宗建仁寺派の禅寺。その境内に、2016年に『神勝寺 禅と庭のミュージアム』がオープン。 『…

神勝寺 茶室“秀路軒”“一来庵”

Shinshoji Temple Tearoom ”Shuroken””Ichiraitei”, Fukuyama, Hiroshima

神勝寺茶室“秀路軒”“一来庵”庭園について 「天心山 神勝寺」(しんしょうじ)は造船大手“常石造船”の社長・神原秀夫が開基となり1965年(昭和40年)に創建された臨済宗建仁寺派の禅寺。その境内に、2016年に『神勝寺 禅と庭のミュージアム…

福山市ぬまくま文化館(枝広邸)庭園

Former Edahiro-tei Garden, Fukuyama, Hiroshima

福山市ぬまくま文化館(枝広邸)庭園について 「福山市ぬまくま文化館(枝広邸)」(ふくやましぬまくまぶんかかいかん・えだひろてい)は当地で江戸時代から続いた町医者・枝広家の旧邸。現在では地域のコミュニティ施設/文化施設として活用。 和室及び茶…

頼山陽史跡資料館(頼山陽居室)庭園

Rai Sanyo Historic Site Museum's Garden, Hiroshima

頼山陽史跡資料館(頼山陽居室)について 「頼山陽史跡資料館」(らいさんようしせきしりょうかん)は江戸時代後期に活躍した儒学者/文人・頼山陽やその親で儒学者の頼春水をはじめとする頼家に関する資料や江戸時代の広島に関する資料が展示されている博物…

中津万象園

Nakazu Banshoen Garden, Marugame, Kagawa

中津万象園について 「中津万象園」(なかづばんしょうえん)は江戸時代初期、丸亀藩主・京極家の二代目、京極高豊の別邸として作庭がはじまった池泉回遊式庭園で、香川県内・四国内でも特別名勝『栗林公園』に次ぐ規模の大名庭園です。丸亀市指定名勝。園内…

城南宮神苑“楽水苑”

Jonangu Shrine Garden, Kyoto

城南宮 神苑“楽水苑”について 「城南宮」(じょうなんぐう)は京都市の南部、平安時代に造営され院政の舞台にもなった“鳥羽離宮”(城南離宮)の一部でもあった神社。 『足立美術館庭園』が有名な作庭家・中根金作の手掛けた京都市内では最も大きな庭園…

足立美術館庭園

Adachi Museum of Art Garden, Yasugi, Shimane

足立美術館庭園について 「足立美術館庭園」(あだちびじゅつかんていえん)は海外日本庭園専門誌『The Journal of Japanese Gardening』で初回から十数年連続で1位に選ばれている、現代日本庭園の最高傑作の一つ。 足立…

天寧寺庭園

Tenneiji Temple Garden, Hikone, Shiga

天寧寺庭園について 「萬年山 天寧寺」(てんねいじ)は江戸時代末期の大老・井伊直弼の父で彦根藩11代目藩主・井伊直中により建立された曹洞宗の寺院。“五百らかん”の寺として知られ、境内には『足立美術館庭園』の作者として有名な中根金作の作庭によ…

宝珠寺庭園“涅槃の庭”

Houshu-ji Temple Garden, Iwata, Shizuoka

瑞龍山宝珠寺“涅槃の庭”について 【要事前電話連絡】 「瑞龍山 宝珠寺」(ほうしゅじ)は静岡県・磐田駅の南西約2.5kmの場所にある臨済宗妙心寺派の寺院。羽柴秀吉(豊臣秀吉)が信長に仕える前に滞在したという言い伝えるもあるこのお寺、本堂前に…

万博記念公園 日本庭園

Expo'70 Park Japanese Garden, Suita, Osaka

万博記念公園・日本庭園について 「万博記念公園」(ばんぱくきねんこうえん)は1970年の『大阪万博』の跡地を整備し開かれた公園。そのシンボル、岡本太郎の作品『太陽の塔』は2020年に国登録有形文化財にもなりました。 公園北部に位置する日本庭…

那谷寺庫裏庭園・琉美園

Nata-dera Temple Garden "Ryubien", Komatsu, Ishikawa

那谷寺書院庭園・琉美園について 「那谷寺」(なたでら)は奈良時代に創建され、近年開創から1300年を迎えた白山信仰の寺院。本堂“大悲閣”、書院、三重塔など複数の建造物が国指定重要文化財となっているほか、書院に面した小堀遠州指導のもと作庭され…

大徳寺 黄梅院庭園

Daitokuji Obaiin Temple Garden, Kyoto

大徳寺 黄梅院庭園について 【特別拝観期間あり】 「黄梅院」(おうばいいん)は京都の大寺院の一つ『大徳寺』の境内南部に位置する塔頭寺院。かの千利休の作庭と伝わる苔庭“直中庭”のほか、室町時代末期の天正年間に作庭された枯山水庭園“破頭庭”、そ…

将軍塚青龍殿庭園

Shogunzuka Seiryuden Garden, Kyoto

将軍塚青龍殿庭園について 「将軍塚 青龍殿」(しょうぐんづか せいりゅうでん)は京都・東山山頂にある、京都の三門跡寺院『青蓮院門跡』の別院、飛地境内。桓武天皇が平安遷都を決断した旧跡“将軍塚”や中根金作が作庭した枯山水庭園から資材が引継がれ…

幻住庵

Genjuan, Otsu, Shiga

幻住庵について 「幻住庵」(げんじゅうあん)は俳人・松尾芭蕉が江戸時代の元禄3年(1690年)に約4ヶ月間暮らした草庵。国宝寺院『石山寺』の約2kmの西にある国分山の山頂、近津尾神社の境内にあります。 庭園、という程のものがあるわけではない…

當麻寺 奥院庭園

Taimadera Temple Okunoin Garden, Katsuragi, Nara

當麻寺奥院庭園について 「當麻寺」(たいまでら)は飛鳥時代に聖徳太子の弟・麻呂古王によって創建されたと伝わる寺院。奈良時代に建立された三重塔“東塔”、平安時代に建立された“西塔”や“本堂”など建造物の多くが国宝・国指定重要文化財。 「奥院」…

三室戸寺庭園

Mimurotoji Temple Garden, Uji, Kyoto

三室戸寺庭園“与楽園”について 「三室戸寺」(みむろとじ)は奈良時代に創建された古寺。現在ではツツジやアジサイの名所として知られ、その日本庭園は『足立美術館庭園』で知られる昭和を代表する作庭家・中根金作が作庭したもの。日本遺産『西国三十三所…

大仙公園 日本庭園

Daisen Park Japanese Garden, Sakai, Osaka

大仙公園 日本庭園について 「大仙公園」(だいせんこうえん)は2019年に世界文化遺産に登録勧告された「百舌鳥・古市古墳群」に囲まれた場所に位置し、日本一大きい古墳の仁徳天皇陵と隣接する都市公園。日本の都市公園100選、日本の歴史公園100…

妙心寺 退蔵院庭園

Myoshinji Taizoin Temple Garden, Kyoto

妙心寺 退蔵院庭園について 妙心寺の塔頭寺院「退蔵院」(たいぞういん)は『大心院』、『桂春院』とともに年間を通して拝観可能な寺院。『足立美術館庭園』で知られる中根金作が作庭した“余香苑”と、室町時代の画家・狩野元信による国指定名勝の庭園“元…

もみじ公園(旧宝幢寺庭園)

Momiji Park (Hodo-ji Temple Ruins Garden), Yamagata

もみじ公園(旧宝幢寺庭園)について 山形市の中心部にある「もみじ公園」はかつて「宝幢寺」(ほうどうじ)という寺院があった場所に開かれた公園で、現在も残る池泉回遊式庭園は宝幢寺の庭園として作庭され、江戸時代初期には山形藩主・松平忠弘によって改…

二条城庭園

Nijo Castle Garden, Kyoto

二条城庭園について 「二条城」(にじょうじょう)は江戸時代の初めに徳川家康により築造された城郭で、世界遺産“古都京都の文化財”にも構成。地図などの正式名が「元離宮二条城」と表記されるのは、この地で徳川慶喜が大政奉還したのち明治時代には皇室の…