御香宮神社庭園“小堀遠州ゆかりの石庭”Gokonomiya Jinja Shrine Garden, Kyoto

豊臣秀吉や徳川御三家ゆかりの伏見を代表する神社に“足立美術館”中根金作が作庭した枯山水庭園“小堀遠州ゆかりの石庭”。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

御香宮神社庭園“遠州ゆかりの石庭”について

「御香宮神社」(ごこうのみやじんじゃ)は京都・伏見区の中心“伏見大手筋商店街”沿いにある、伏見を代表する神社の一つ。本殿と伏見城から移築された表門(大手門)が国指定重要文化財。『足立美術館』庭園で知られる作庭家・中根金作により作庭された枯山水庭園“小堀遠州ゆかりの石庭”があります。

数年前に訪れた時、ちょうど庭園が拝観できない日で…。2021年秋に数年ぶりに参拝、そして庭園は初めて拝観。

平安時代の862年(貞観4年)、参拝に訪れた時の清和天皇から“香りの良い水が湧き出している”と現在の名を賜った歴史のある御香宮神社。
酒造りが盛んで造り酒屋・蔵元の多い伏見には“伏見の七名水”なるものがあり、御香宮神社の“伏見の御香水”もその一つで、後に神社を支えた“徳川御三家”徳川頼宣徳川頼房徳川義直は御香水を産湯としたとか。環境省名水百選。

桃山時代、豊臣秀吉が『伏見城』を築城するとその鬼門除けの守り神として神社を城内に移転。秀吉が亡き後は徳川家康の命で元の場所でもある現在地に戻され、普請奉行・板倉勝重により1605年(慶長10年)に現在残る極彩色の本殿が建立されました。
1622年(元和8年)には水戸徳川家・徳川頼房が伏見城大手門を寄進し移築、1625年(寛永2年)には紀州徳川家・徳川頼宣により拝殿(京都府指定文化財)が寄進されるなど江戸時代を通じ徳川家により支えられました。

その本殿わきの社務所の書院に枯山水庭園“遠州ゆかりの石庭”があります。
これは元からこの場にあったもの…ではなく。1623年(元和9年)、小堀遠州が伏見奉行に着任すると、この神社の隣接地に伏見奉行所を新築。その際に作庭された庭園は、後に江戸幕府三代目将軍・徳川家光が訪れた時にも感心される出来栄えで、遠州は5000石が加増され大名クラスへと出世。

時が流れ、明治維新後は陸軍や米軍のキャンプ地となり大部分は取り壊され、戦後の団地が開発されることが決まった際に庭石や石造物を移築、1961年に再現…というよりほぼ新たに中根金作により作庭されたのが現在の庭園。
白砂で描いた大海の中に亀島が浮かび、中心奥には枯滝の三尊石組が見られます。中根金作庭園の中では、比較的コンパクトな庭園なのですが、書院の建物も良いのでまったり眺めていたくなる庭園。

で、書院のお座敷から眺めて手前に見える大きな手水鉢。これは室町時代の1477年の銘が残る石造品で、その他にも後水尾上皇ゆかりの石碑も。

その他、本殿前にある(『桂離宮』にもあるけど、京都市の中では珍しい)ソテツも京都市の登録天然記念物となっています。春には桜もきれいな御香宮神社、伏見を訪れる際には立ち寄ってみて!

(2021年11月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

近鉄京都線 桃山御陵前駅より徒歩2分
京阪本線 伏見桃山駅より徒歩4分
JR奈良線 桃山駅より徒歩5分

〒612-8039 京都府京都市伏見区御香宮門前町174 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
泗翠庵
泗翠庵

泗翠庵について 四日市市茶室「泗翠庵」(よっかいちしちゃしつ・しすいあん)は四日市市の中心部・近鉄四日市駅からも程近くにある都市公園“鵜の森公園”内に1994年(平成6年)に完成した茶室 …

医王寺庭園
医王寺庭園

医王寺庭園について 【事前に電話での確認推奨】 「鎌田山 医王寺」(いおうじ)は奈良時代に聖武天皇の勅命で行基菩薩によって開かれたと伝 …

正法寺庭園“鳥獣の石庭”
正法寺庭園“鳥獣の石庭”

正法寺庭園について 「法寿山 正法寺」(しょうぼうじ)は京都の洛西・大原野にある真言宗東寺派の別格本山寺院。平安京遷都を挟んだ延暦年間(782~806年)に最澄によって“大原寺”として創建 …

金地院庭園
金地院庭園

金地院庭園について 「金地院」(こんちいん)は京都を代表する寺院の一つ・南禅寺の塔頭寺院。小堀遠州の作庭した枯山水庭園“鶴亀の庭”が国の特別名勝に指定されています。2020年6月、約4年 …