島津氏・島津家ゆかりの庭園

島津氏・島津家ゆかりの庭園の記事が8件あります。

戦国時代〜江戸時代の幕末まで長い年月、南九州で一大勢力をほこった大名/薩摩藩主・島津氏ゆかりの庭園を紹介。薩摩国(鹿児島)だけだけでなく、公爵となった明治時代以降の東京のお屋敷・庭園も。

知覧武家屋敷庭園

Chiran Samurai Residence Gardens, Minamikyushu, Kagoshima

知覧武家屋敷庭園について 「知覧武家屋敷庭園」(ちらんぶけやしきていえん)は鹿児島県南九州市・知覧に残る江戸時代の武家屋敷にかつて作庭された庭園群。“薩摩の小京都”とも呼ばれるかつての武家屋敷通りは国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定され…

鹿児島城跡・黎明館庭園

Reimeikan Garden (Tsurumaru Castle ruins), Kagoshima

鹿児島城跡(鶴丸城跡)/鹿児島県歴史・美術センター 黎明館庭園について 「鹿児島城」(かごしまじょう)は戦国時代〜江戸時代の長い年月、南九州で一大勢力をほこった大名・島津氏の居城。通称は『鶴丸城』で、「鶴丸城跡」として鹿児島県指定史跡(文化…

マナーハウス島津重富荘(旧重富島津家別邸)庭園

Shimazu Shigetomi-so Garden, Kagoshima

マナーハウス島津重富荘(旧重富島津家別邸)庭園について 「マナーハウス島津重富荘」(しまづしげとみそう)は薩摩藩主・島津家の分家で藩主に次ぐ地位にあった島津御一門家の筆頭格“重富島津家”が築いた別邸。「旧重富島津家別邸」として主屋・石塀・米…

都城島津邸庭園

Miyakonojo Shimazu-tei Garden, Miyakonojo, Miyazaki

都城島津邸について 「都城島津邸」(みやこのじょうしまづてい)は戦国時代〜江戸時代の長い年月、南九州で一大勢力をほこった大名・島津氏の都城分家(都城島津家)が明治時代以降を過ごした本邸。近代に建築された主屋・離れをはじめ8棟が国登録有形文化…

仙巌園

Sengan-en, Kagoshima

仙巌園について 「仙巌園」(せんがんえん)は江戸時代初期の1658年に島津家19代・島津光久によって築かれた島津家の別邸。眼前に桜島をのぞむ大名庭園は国指定名勝で、園内にある『旧集成館反射炉跡』や隣接する『尚古集成館』一帯は世界遺産「明治日…

旧島津公爵邸庭園

Former Duke of Shimazu House's Garden, Shinagawa-ku, Tokyo

旧島津公爵邸庭園について 【通常非公開/特別公開日あり】 「旧島津公爵邸」(きゅうしまづこうしゃくてい)はジョサイア・コンドル設計による大正時代の洋館で、品川区・東五反田の「清泉女子大学」構内にあり「旧島津公爵家袖ヶ崎本邸洋館(清泉女子大学…

東福寺 即宗院庭園

Tofuku-ji Temple Sokushuin Garden, Kyoto

【通常非公開】京都五山で京都を代表する寺院の一つ「東福寺」の塔頭「即宗院」。 南北朝時代に薩摩の国・島津氏によって創建され、それ以後薩摩藩の菩提寺に。薩摩藩ゆかりのお寺ということで、幕末に西郷隆盛と僧の月照が会合を重ねていたという茶室の碑が…

旧島津氏玉里邸庭園

Kyu-Shimazu Tamazato-tei Residence Garden, Kagoshima

国指定名勝。仙巌園と同様、薩摩藩主・島津氏の別邸として造られた「玉里邸」。こちらが造られたのは江戸時代後期・島津斉興の時代で庭園が築庭されたのもこの時期。 現在はその敷地に鹿児島市立鹿児島女子高等学校が建っていますが、茶室と池泉回遊式庭園か…

【 存続のためのお願い 】
庭園情報メディア「おにわさん」存続のため、
新オーナー(組織)を募集します。詳しくはこちら>>
(2022年8月22日掲載)