塩尻短歌館“集石庭”Shiojiri Tanka Museum Garden, Shiojiri, Nagano

現代長野の作庭家・小口基實さんによる枯山水石庭。“棟飾り”が特徴的な信州の本棟造民家は国登録有形文化財。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

塩尻短歌館について

塩尻市の広丘地区はかつて若山牧水、島木赤彦、太田水穂、窪田空穂といった明治時代〜近代の歌人が集った町だったそう。この「塩尻短歌館」(しおじりたんかかん)はそんな“短歌の町”に平成4年に開館された文学館。
その特徴的な主屋は明治維新の初年度1868年に建てられたもので、。そして中庭には現代長野を代表する作庭家・小口基實さん作庭による石庭“集石庭”があります。

2019年夏の「松本アウェーついでに色々庭園巡った」シリーズ。この短歌館は元々庭園目当てだったわけではなくて――
『中田家住宅』で松本には『馬場家住宅』という国重文の大きな民家があると教わった⇒そこで塩尻短歌館のチラシを見つけた⇒ここもかっこいい建築だなあー観たい!と思って訪れたという流れ。

元々は塩尻市の中心地、中山道沿いで石灰業を営んでいた旧家「柳沢家」の住宅として建てられたもので、短歌館の開館のために1992年にこの地に移築されました。
この建築も馬場家住宅も、後日紹介する小野宿の脇本陣も、信州の本棟造りの古い豪邸は“棟飾り”が欠かせない。その姿は“雀おどし”とか“すずめおどり”と言うのだとか(諸説あり)。純粋に出会うとワクワクする…し、建築史家/千葉大名誉教授・大河直躬さんの評では“長野県内に現存する本棟造りの民家の中では最も上質”とされます。

そして中庭に、木曽の国登録名勝『興禅寺庭園』の前庭なども手がける小口基實さんによる“集石庭”(集いの庭)があります。この平庭枯山水庭園はこの地で活躍した歌人を石に見立てて、彼らが新しい時代の渦潮に集まる姿を表現したもの。
手前にある小さな手水鉢は主屋と同じく柳沢家に元々あったものを移したもので、石庭を取り囲む龍安寺垣は“吹寄龍安寺垣”という進化系なのだそう。

短歌に興味ある方もない方も、この建物と枯山水庭園、穴場スポットです。そしてこの短歌館で見つけたのがその翌日に訪れた『笹離宮』でした。行き当たりばったり旅!

(2019年7月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR篠ノ井線 広丘駅より徒歩10分強
塩尻駅より塩尻市地域振興バスで「短歌歌入口」バス停下車 徒歩6分(※日曜運休・本数少ない)

〒399-0706 長野県塩尻市広丘原新田288-1 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
百瀬家庭園
百瀬家庭園

百瀬家庭園について 【見学は要予約】 「百瀬家庭園」(ももせけていえん)は松本市の市街地、JR平田駅から程近くにある松本市の特別名勝に指定されている庭園。現在もお住まいになられているの …

中田氏庭園(中田家住宅)
中田氏庭園(中田家住宅)

中田氏庭園・中田家住宅について 【見学は要予約】 「中田家住宅」(なかたけじゅうたく)は松本市の市街地、善光寺街道沿いにあり明治天皇の行在所となった名主屋敷。建物は松本市の重要文化 …

長興寺庭園
長興寺庭園

長興寺庭園について 「青松山長興寺」(ちょうこうじ)は室町時代に開かれた曹洞宗の寺院。本堂の裏手にある江戸時代の池泉回遊式庭園は塩尻市指定名勝。斜面の刈込みが美しく、2019年に観た …

本陣岩波家庭園
本陣岩波家庭園

中山道・下諏訪宿の本陣だった建物に残る、江戸時代中期の作とされる庭園。素晴らしい庭園!(2017年5月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。) …