ホトリテイ(畔亭)庭園

Hotori-tei Garden, Hagi, Yamaguchi

国指定史跡・萩城城下町の一角でにぎわうおしゃれな古民家レストランの、石組が際立つガチの枯山水庭園。

庭園フォトギャラリーGarden Photo Gallery

ホトリテイ(畔亭)庭園について

「ホトリテイ」(畔亭)は国指定史跡・萩城の一角にある古民家レストラン/カフェ。立派な石組のある枯山水庭園を眺めながら食事することができます。

2021年7月に約7年ぶりに萩へ。幕末の志士や明治維新後に政府の要職を務めた人材を多数輩出した萩。そのうちの一人、山縣有朋が椿山荘・無鄰菴など“山県三名園”を作り上げたバックグラウンドとして、萩の城下町では“庭園”が身近な存在だったことが影響している(のだと思う)。

…と言いつつ前回来た時は全然庭園って目線で巡ってなかったんだけど。2015年にユネスコ『明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業』にも登録された萩の城下町は偉人のや町家に多数庭園が残ります。

先に紹介した『高杉晋作生家』『木戸孝允旧宅』等のある一帯は国のからは少し外れている一方で、『史跡萩城城下町』として国指定史跡となっている珍しい例。

で、この高杉晋作生家の斜め裏手にあるカフェ。同じブロックなのに文化財的には国指定史跡には含まれていないのだけど(所有者の都合・事情などあると思うけど)、こちらにも歴史がありそうな素敵な庭園が残ります。

食後に庭園を散策。現在の建築が築約70年だそうなので、庭園もその時の作庭なのかなと思うと昭和中期の庭園だけど、これまで“萩の古庭園って出雲流庭園っぽい”と書いた特徴はこの庭園にも所々ある。枯山水の中に配された飛び石や、その飛び石が高く打たれている点。

元の主座敷側から見ると、三尊石のような石組が中央と左手と二つにあり、それぞれその前に礼拝石のような平たく大きな石が置かれている。背後の樹木も今は少し高くしてるけど、少し引きで見ると周囲の山々が借景になっている(国重要文化財『菊屋家住宅』の新庭園と同じ借景)。実は近代以前に格式のあった方の庭園として作庭されたのでは…?とも感じる。

なお庭園見ながらランチできるのは良いなと軽い気持ちで訪れたのですが、大変な人気店でひっきりなしに人が訪れていた。訪れるなら予約がオススメ!近年リノベーションされたばかりで木目の内装がめちゃくちゃおしゃれだったし、長萩和牛のハンバーグプレートも美味しかったー。以前は「庭園カフェ・畔亭」という名前だった通りカフェ利用もあり。萩を再訪する時はまた寄りたいお店!

(2021年7月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR山陰本線 玉江駅より徒歩20分強
JR山陰本線 東萩駅より2.5km(徒歩30分)
JR山陰本線 萩駅より約3km
萩駅・東萩駅より路線バス(循環バス)「萩美術館・城下町入口」バス停下車 徒歩4分
※萩駅・東萩駅にレンタサイクルあり

〒758-0076 山口県萩市南片河町62 MAP

投稿者プロフィール

イトウマサトシ
イトウマサトシ
Instagram約9万フォロワーの日本庭園メディア『おにわさん』中の人。これまで足を運んで紹介した庭園の数は1,900以上。執筆・お仕事のご依頼も受け付けています!ご連絡はSNSのDMよりお願いいたします。
PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約10万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。