菊屋家住宅(菊屋氏庭園)Kikuya Residence Garden, Hagi, Yamaguchi

世界遺産・萩城下町の藩御用商人の邸宅に残る、枯山水の書院庭園と通常非公開の近代日本庭園。国指定重要文化財。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

菊屋家住宅(菊屋氏庭園)について

【新座敷庭園は春・秋の期間限定公開】
「菊屋家住宅」(きくやけじゅうたく)は世界遺産の城下町・萩で長州藩(萩藩)の御用達を長年務めた豪商の邸宅。日本最古級の大型町家とも言われ、江戸時代に建立された主屋・本蔵・金蔵・米蔵・釜場が国指定重要文化財。
主屋書院から眺められる江戸時代の枯山水庭園、そして春・秋に期間限定公開される新座敷の近代日本庭園と2つの庭園があります。

2021年7月に約7年ぶりに萩へ。幕末の志士や明治維新後に政府の要職を務めた人材を多数輩出した萩。そのうちの一人、山縣有朋が椿山荘・無鄰菴など“山県三名園”を作り上げたバックグラウンドとして、萩の城下町では“庭園”が身近な存在だったことが影響している(のだと思う)。

…と言いつつ前回来た時は全然庭園って目線で巡ってなかったんだけど。2015年にユネスコ世界遺産『明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業』にも登録された萩の城下町は偉人の武家屋敷や町家に多数庭園が残ります。

その中で今回一番見たかった大本命はここ。事前のイメージ以上に素晴らしかった。建築が重要文化財になっているのに対して庭園は非文化財だけど、先に建築が重要文化財となり後から庭園が国指定名勝になった島根の『櫻井氏庭園』や愛媛の『臥龍山荘』と同じ道を辿るのでは!(わからんけど)

菊屋家について。出自は摂津国・住吉大社の津守摂津守国量朝臣を祖とし、中世()に大内氏に従い周防国に移住。戦国時代、大内氏が毛利氏により滅ぼされると武士から町人となり山口の町をまとめ上げる存在に。

関ケ原の戦い後、毛利輝元により萩に城下町が築かれたのに伴い萩へ移住し、以来(1606年~)現在地に屋敷をかまえ続けています。江戸時代には町づくりに尽力し、近代の当主・菊屋剛十郞菊屋孫輔は山口県多額納税者、12代目当主・菊屋嘉十郎は萩市長を6期務めるなど長年萩の政財界を支える名家。

国指定重要文化財となっている主屋・金蔵・米蔵で構成される白壁・なまこ壁はド迫力。その路地は“菊屋横丁”と呼ばれ、高杉晋作の旧宅(生家)も残ります(こちらも別途紹介)。

■書院庭園
通年公開されている主屋・書院の庭園は砂利を敷いた中に飛び石が配された平庭の枯山水庭園。新座敷庭園と比べると小規模でパンフレットにも説明が書かれていないけど、こちらも素晴らしい。

気になるのはこの作風。松江~出雲に多数残る“出雲流庭園”に非常に近い。萩の町家の庭園は出雲流庭園と類似性を感じる庭園が多いのだけど、もしこの庭園が主屋の建築と同時期(江戸時代の早い時期)に作庭されているとしたら、出雲流庭園のスタイルそのものって松平不昧より先に成立していたのか…?とも思う。(そうではなく、江戸時代後期以降に改修されて現在の姿になったのだろう、とは思うけど)

軒下に統一された大きな玉石が敷き詰められているところも格の高さを感じるし、中央に配された花崗岩の巨石や青石の沓脱石などカラフルさもかっこいい~。

■新座敷庭園(新庭)
そして毎年春期・秋期に特別公開されるのが奥庭とも言える“新庭”。初代首相・伊藤博文が訪れた際に宿泊した“御部屋”、東伏見宮妃殿下のために増築された“新座敷”の前に広がる約500坪の回遊式庭園。
…で、今回訪れたのは7月だったので、春の公開はとっくに終わってるだろうと思ってたんですが。幸運にもまだ特別公開を継続中で運良く鑑賞することができました!

元々江戸時代から菊屋家屋敷の南部には庭園があったそうで、明治時代から昭和初期にかけて計4期にわたり現在の枯池式枯山水庭園に改築。
開放的な芝生の平庭と少し洋風な雰囲気の石橋(太鼓橋)などは『旧伊藤伝右衛門邸』とか九州・筑豊の炭鉱王の庭園とすごく似ていると思う。山口の下関あたりは北九州~筑豊地方との経済的な結びつきが強かったはずだから、長門のこの庭園もその辺の流れを汲んでいるんだろう。

“御部屋”前の大きな伽藍石や石灯籠の基礎を逆さにしたような手水鉢・一風変わった石灯籠などの石造物も面白いし、他の町家の庭園と比べひときわ広い分周囲の借景も楽しめる庭園。

その他にも菊屋家所蔵の古美術品や史料の各種展示も。書院の庭園だけでも見て欲しいけど、ぜひ新座敷庭園の特別公開時に訪れてみて。そして新座敷の建築内部が公開されたらまたいつか行きたいなあ。

(2021年7月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR山陰本線 東萩駅より徒歩25分
JR山陰本線 玉江駅より徒歩25分強
JR山陰本線 萩駅より約3km
萩駅・東萩駅より路線バス(循環バス)「萩美術館・城下町入口」バス停下車 徒歩4分
※萩駅・東萩駅にレンタサイクルあり

〒758-0072 山口県萩市呉服町1丁目1 MAP