COMICO ART MUSEUM YUFUIN

コミコ・アート・ミュージアム由布院

湯布院の新名所・奈良美智“Your Dog”の借景に由布岳。隈研吾設計の建築とプレイスメディア作庭庭園の現代美術館。

庭園フォトギャラリーGarden Photo Gallery

COMICO ART MUSEUM YUFUINについて

【要事前予約】
「COMICO ART MUSEUM YUFUIN」は九州・大分を代表するのひとつ・湯布院に2017年秋に開館した現代美術館。その建築は隈研吾建築都市設計事務所、庭園を造園家・宮城俊作率いるプレイスメディアにより手掛けられています。館内のサインのデザインはグラフィックデザイナー・原研哉

2021年夏に訪れた大分県の庭園(『大友氏館跡庭園』とか)を先日まで紹介していたのだけど、2022年年始も大分を訪れました。今回は九州の温泉地へ行くことが先に頭にあって――「庭園が見頃じゃない今の時期、庭園以外で行きたい場所ってどこだろうなあ」と考えて思い浮かんだのがこの美術館。結局庭園もあるので庭園として紹介しちゃうんだけど!

由布院駅から湯布院の代表的景観“金鱗湖”へと至るメインストリート“湯の坪街道”の途中、惜しまれながら閉館した『由布院美術館』の跡地に新たに開館したこの美術館。
館名にある“comico”はオーナー・NHN Japanが運営する漫画配信アプリ/サイト(が主な事業ですが、漫画に限らない“総合エンターテイメント・プラットフォーム”の名称)。現在は分社化したけど「LINE」を開発した会社と言った方がみんなピンと来るかな。

名峰“由布岳”を中心とした周囲の山々が自然と目に入ってくるこの場所に調和するよう、黒い焼杉など自然風の素材を基調とした
自然との調和――となると庭園・ランドスケープも欠かせない。担当したのはプレイスメディア(PLACEMEDIA)。隈研吾とは京都の『新風館』や茨城県の『廣澤美術館』でもタッグを組んでいますが、受付ロビーから眺められる中庭は力強い石組を主体的に見せ(山?)、都市のランドスケープとは異なる世界観を表現。あと建築沿いの竹林の景観は東京『根津美術館』を思い出す~。

2つある展示室の中心には水盤があり、これは由布院の街中に流れる大分川から発想されたもの。館内では村上隆杉本博司という日本の現代アートを牽引する2人の作品が常設展示。照明を暗く保った展示室と庭園を行き来する、緊張と緩和みたいな空間もまた楽しい。

そして2階の休憩ラウンジからは2020年から展示・コレクションに加わった奈良美智“Your Dog”と、作品越しに由布岳の借景を鑑賞することができます。これが見たかった!

でも実は、奈良さんの作品が設置される以前は全く異なるデザインの庭園が存在した。岩が露出した草原が広がる由布岳の中腹へと連なるよう設計された庭園“山是山”――写真で見る限りそちらもカッコよかったので作り替えられちゃったのは少し残念でもある(元の庭園の上に作品が設置されたのではなく、作品設置の為に植栽主体の穏やかなものに改修。Your Dogには今の方が合うかな?)。

なおこの施設、美術館だけでなく宿泊施設『COMICO ART HOUSE YUFUIN』も併設。美術館鑑賞では見えない宿泊棟にも異なる庭園も。そして隣接する土地には新棟も建設中でした。展示作品が増えたらまた訪れたい!

(2022年1月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR久大本線 由布院駅より徒歩9分
由布院駅・別府駅より路線バス「由布見通り入口」バス停下車 徒歩4分

〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上2995-1 MAP

投稿者プロフィール

イトウマサトシ
イトウマサトシ
Instagram約9万フォロワーの日本庭園メディア『おにわさん』中の人。これまで足を運んで紹介した庭園の数は1,900以上。執筆・お仕事のご依頼も受け付けています!ご連絡はSNSのDMよりお願いいたします。
PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約10万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。