ホテル武志山荘庭園

Hotel Takeshi Sanso Garden, Izumo, Shimane

出雲地方最大で国指定文化財の古墳“今市大念寺古墳”の一角に建つ、幕末創業の割烹旅館をルーツとするホテルの日本庭園と不昧流茶室“幽松庵”。

庭園フォトギャラリーGarden Photo Gallery

ホテル武志山荘庭園/今市大念寺古墳について

【施設利用者向け】
「ホテル武志山荘」(ほてるたけしさんそう)は『出雲大社』への玄関口・JR出雲駅からほど近く、一畑電車・出雲科学館パークタウン前駅の目の前にある政府登録国際観光ホテル。客室の奥には日本庭園や“不昧流”の茶室もあります。
2022年に利用させていただいた際の写真を紹介。

江戸時代末期の慶応元年(1865年)創業の割烹料理店『武志屋本店』をそのルーツとして、創業150年超の歴史ある武志山荘。現在も別の場所で仕出し・割烹「武志屋本店」とレストラン『たけ志茶寮』も営業されています。(たけ志茶寮にはまた別のお庭が。)

宿泊利用以外にも地元の方のランチ/宴会/ブライダル(出雲大社での挙式後の披露宴会場)等にも利用されている武志山荘。

現在の客室棟が建築されたのは昭和時代末期~平成時代初期のころ。建物の北側に庭園があります。主庭園は白砂と飛び石がこの地方の“出雲流庭園”の雰囲気を感じさせる庭園。写真には写っておらず伝わらりづらいけど、出雲の山々を借景としています。

ホテルには北側からのアプローチもあって、その雰囲気からもわかるけれど昔の正門はそちら。
そのアプローチから続く園路(延段)の先に和風別館があります。過去の航空写真を見る限り、客室棟の建築以前よりあった旅館?邸宅?の“離れ”的な建物で、茶室“幽松庵”も併設。躙口ではなく開口部が大きな茶室は、松江藩7代目藩主・松平不昧こと松平治郷が考案したと言われる“不昧流茶室”という地域性が感じられる。

和風別館の前にも飛び石が続き、その先にはもう一つの池泉庭園が…いずれも現在は自然の広場といった感じにはなっていますが、元はお庭に力を入れていたんだなとわかる。

この武志山荘も建つこの小高い丘は、実は出雲地域で最大規模の古墳と言われるの前方後円墳『今市大念寺古墳』。ホテルに隣接する『大念寺』の境内より「石室」の近くまで行くことができます。そんな国指定文化財の一角に建つホテル、旅行の際の選択肢にどうぞ。

(2022年5月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR山陰本線 出雲市駅より徒歩10分強
一畑電車 出雲科学館パークタウン前駅より徒歩1分

〒693-0001 島根県出雲市今市町2041 MAP

投稿者プロフィール

イトウマサトシ
イトウマサトシ
Instagram約9万フォロワーの日本庭園メディア『おにわさん』中の人。これまで足を運んで紹介した庭園の数は1,900以上。執筆・お仕事のご依頼も受け付けています!ご連絡はSNSのDMよりお願いいたします。
PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約10万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。