松尾芭蕉ゆかりの庭園

松尾芭蕉ゆかりの庭園の記事が10件あります。

明照寺庭園

Menshoji Temple Garden, Hikone, Shiga

明照寺庭園について 「妙法山 明照寺」(めんしょうじ)は彦根城から南西約3km程の場所にある浄土真宗本願寺派の寺院。江戸時代には俳人・松尾芭蕉が訪れ、芭蕉が俳句にも詠んだ庭園が彦根市指定名勝となっています。 2020年秋に初めて拝観。元々は…

金福寺庭園

Konpuku-ji Temple Garden, Kyoto

金福寺庭園について 「佛日山 金福寺」(こんぷくじ)は松尾芭蕉が滞在した草庵“芭蕉庵”や、7代目小川治兵衛の手掛けた枯山水庭園の見られる寺院。江戸時代中期には松尾芭蕉を慕う与謝蕪村とその一門により再興され、蕪村の作品なども展示されています。…

那谷寺 奇岩遊仙境

Nata-dera Temple, Komatsu, Ishikawa

那谷寺・奇岩遊仙境について 「那谷寺」(なたでら)は奈良時代に創建された白山信仰の寺院。本堂“大悲閣”、書院、三重塔など複数の建造物が国指定重要文化財となっているほか、書院に面した小堀遠州指導のもと作庭された庭園が「那谷寺庫裏庭園」として国…

幻住庵

Genjuan, Otsu, Shiga

幻住庵について 「幻住庵」(げんじゅうあん)は俳人・松尾芭蕉が江戸時代の元禄3年(1690年)に約4ヶ月間暮らした草庵。国宝寺院『石山寺』の約2kmの西にある国分山の山頂、近津尾神社の境内にあります。 庭園、という程のものがあるわけではない…

月心寺走井庭園・橋本関雪別邸「走井居」

Gesshin-ji Temple Garden, Otsu, Shiga

橋本関雪別邸「走井居」・月心寺庭園について 【通常非公開・団体見学や特別公開日あり】 「瑞米山月心寺」(ずいべいさんげっしんじ)は大正〜昭和期に活躍した日本画家・橋本関雪を開基とした、橋本関雪夫妻の菩提寺。池泉式の“走井庭園”の作庭は室町時…

落柿舎

Rakushisha, Kyoto

落柿舎について 「落柿舎」(らくししゃ)は国の重要伝統的建造物群保存地区・嵯峨鳥居本の入り口に位置する松尾芭蕉ゆかりの史跡で、周辺には『常寂光寺』や『祇王寺』などがあります。日本三大俳諧道場の一つ。 2019年夏に初めて訪れました!敷地内に…

関口芭蕉庵

Sekiguchi Basho-an Garden, Bunkyo-ku, Tokyo

関口芭蕉庵について 「関口芭蕉庵」(せきぐちばしょうあん)は、俳人・松尾芭蕉が江戸時代の初めに住んでいた言われる場所。『椿山荘庭園』、『肥後細川庭園』など文京区の歴史的庭園の遺構が残るエリアにあります。その2箇所と比べると整備された日本庭園…

南御堂庭園 獅子吼園

Minami-midou Temple Garden "Shishikuen", Osaka

南御堂庭園 獅子吼園について 「南御堂」(みなみみどう)こと「真宗大谷派難波別院」は京都・東本願寺の別院で、その歴史は桃山時代に豊臣秀吉により寺領を与えられ創建した「大谷本願寺」に遡ります。大阪の中心部にあり、大阪のメインストリートの一つ「…

山寺(立石寺)

Yamadera(Risshaku-ji) Temple, Yamagata

山寺(立石寺)について 「山寺」(やまでら)こと宝珠山立石寺は奈良時代に開かれたと伝わる寺院で、東北を代表する霊山。その岩山・絶壁に沿って多くのお堂が建てられ、登山中の自然の岩肌、そして見上げる奥の院、そして五大堂からの眺望など風光明媚な景…

おくのほそ道の風景地 大垣船町川湊

Musubinoike and Sumiyoshi Lighthouse At Okuno Hosomichi, Ogaki, Gifu

俳人・松尾芭蕉が旅して完成させた『奥の細道』。紀行の終着地となった水郷・大垣の風景は「おくのほそ道の風景地」として国指定名勝となっています。(2015年3月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。) …