松尾芭蕉ゆかりの庭園

松尾芭蕉ゆかりの庭園の記事が11件あります。

今日のPICK UP

蓑虫庵

Minomushian (Sachuan) Garden, Iga, Mie

俳人・松尾芭蕉の地元・伊賀上野の城下町に存在した“芭蕉五庵”で唯一現存する草庵。江戸時代初期の和風建築と庭園が三重県指定名勝。

明照寺庭園

Menshoji Temple Garden, Hikone, Shiga

俳人・松尾芭蕉が江戸へ向かう途中に俳句に詠んだ江戸時代初期の池泉回遊式庭園。彦根市指定名勝。

金福寺庭園

Konpuku-ji Temple Garden, Kyoto

松尾芭蕉が滞在しのちに与謝蕪村が再興した茅葺の“芭蕉庵”と、七代目小川治兵衛が作庭した枯山水庭園。

那谷寺 奇岩遊仙境

Nata-dera Temple, Komatsu, Ishikawa

松尾芭蕉が奥の細道で詠った国指定名勝“奇岩遊仙境”と、三代目加賀藩主・前田利常が再建した国重文の建造物群。

幻住庵

Genjuan, Otsu, Shiga

“先づ頼む 椎の木もあり 夏木立”――石山寺と縁深い神社境内に残る、俳人・松尾芭蕉が夏を過ごした草庵。

月心寺走井庭園・橋本関雪別邸「走井居」

Gesshin-ji Temple Garden, Otsu, Shiga

旧東海道沿いの隠れ家。大正期に日本画家・橋本関雪が購入した、相阿弥作庭と伝わる池泉回遊式庭園。

落柿舎

Rakushisha, Kyoto

松尾芭蕉が『嵯峨日記』を記した地でもある、芭蕉の高弟・向井去来の営んだ草庵。日本三大俳諧道場の一つ。

関口芭蕉庵

Sekiguchi Basho-an Garden, Bunkyo-ku, Tokyo

椿山荘に隣接。かつて松尾芭蕉が暮らし、田中光顕伯爵宅“蕉雨園”の一部だった史跡と湧水池。東京の名湧水57選

南御堂庭園 獅子吼園

Minami-midou Temple Garden "Shishikuen", Osaka

「御堂筋」の由来の寺院にある現代風の枯山水庭園。松尾芭蕉終焉の地であり、江戸時代より残る句碑も。

山寺(立石寺)

Yamadera(Risshaku-ji) Temple, Yamagata

松尾芭蕉が名句を詠んだ、東北を代表する寺院。岩山を登った先の風景は絶景。国指定名勝。

おくのほそ道の風景地 大垣船町川湊

Musubinoike and Sumiyoshi Lighthouse At Okuno Hosomichi, Ogaki, Gifu

俳人・松尾芭蕉が旅して完成させた『奥の細道』。紀行の終着地となった水郷・大垣の風景は「おくのほそ道の風景地」として国指定名勝となっています。(2015年3月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。) …

PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約8万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。