松廼家(三宮ゲストハウス)庭園

Matsunoya Garden, Kobe, Hyogo

2020年〜大正時代創業の老舗料亭による活用がスタート…“北野異人館街”のメインストリート沿いにそびえる海運王“乾家”ゆかりの近代和風建築。

庭園フォトギャラリーGarden Photo Gallery

松廼家(三宮ゲストハウス)庭園について

「松廼家」(まつのや)は神戸で大正時代に創業した老舗料亭。現在は神戸の“北野異人館街”のメインストリート・異人館通り(山本通り)に面する明治時代のお屋敷『三宮ゲストハウス』(神戸市伝統的建造物)を活用し営業されています。洋館/和館の並ぶから眺める庭園も。

2023年には『神戸モダン建築祭』で公開(外観のみ)されたことも記憶に新しい松廼家/JR西日本 三宮ゲストハウス。2022年冬にランチ(昼御膳)利用した際のお庭の写真を紹介。

まずは料亭『松廼家』の歴史について。1917年(大正6年)に現在地とは異なる神戸・花隈で創業。以来、スター俳優・石原裕次郎、昭和の文豪・川端康成、司馬遼太郎など文化人や関西政財界に好まれたものの、1995年の阪神・淡路大震災で惜しくも500坪の数寄屋造りの建物が全壊…。

一方の『三宮ゲストハウス』の歴史。ハンター坂を登り、国のにも選定されている異国情緒の町並み“北野異人館街”の一角にあるこの建物は松廼家の歴史よりも少し古く、1907年(明治40年)の竣工。
当初は貿易商・大林保吉の自邸として建てられ、その後“海運王”とも呼ばれた乾汽船の創業家、“乾財閥”の乾家の所有に。乾家の歴史的建造物としては神戸・御影の『旧乾邸』でも知られますが、あちらが本邸に対してこちらは別邸。(なお、奇しくも旧乾邸も阪神・淡路大震災で数寄屋造りの和館を失っています)

戦後に国鉄の寮に転用され、そのまま1987年に西日本旅客鉄道(JR西日本)の所有に。長く非公開でしたが、伝統的な建造物を活用したいJR西日本と老舗料亭がタッグを組む形で『松廼家』が市内の別の場所より移転し現在の姿となりました。

まず異人館通りからは高く積み上げられた石垣がとても印象的。中央の階段を登ると、向かって右手に洋館、左手に和館の並ぶ近代和風建築が現れます。洋館の裏側に立派な玄関があり、和洋折衷の意匠が楽しい館内でお食事をいただけます。

その和館の1階部分の「松の間」の前に茶砂のこじんまりとしたお庭、更にそこから見下ろす形で白砂の庭園、そして東側にある離れから見下ろす形で芝生のお庭が広がります。当時は特に芝庭がガーデンパーティーも楽しめる主庭だったのではと感じさせる。(更にその奥にある洋館も当初は同じお屋敷だったのかな?)

格式高いお店ですが、ランチ時間帯の「昼御膳」なら3,300円〜で体験可能(当時は2,750円でした)。ぜひ一度利用してみて。

(2022年12月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR神戸線 三ノ宮駅より徒歩15分
阪急神戸線 神戸三宮駅より徒歩13分
阪神電車 神戸三宮駅より徒歩15分強

〒650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町4丁目2-5 MAP

投稿者プロフィール

イトウマサトシ
イトウマサトシ
Instagram約9万フォロワーの日本庭園メディア『おにわさん』中の人。これまで足を運んで紹介した庭園の数は1,900以上。執筆・お仕事のご依頼も受け付けています!ご連絡はSNSのDMよりお願いいたします。
PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約10万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。