林富永邸 / CAFE HAYASHI

Hayashi Tominaga-tei Garden, Joetsu, Niigata

まだある新潟の苔の美しい名庭…“上越名家一斉公開”で春/秋に特別公開される借景庭園と、文化財カフェ“CAFE HAYASHI”も要チェック。

庭園フォトギャラリーGarden Photo Gallery

林富永邸(CAFE HAYASHI)庭園について

【事前予約推奨/カフェ営業日は公式サイトで要確認】
「林富永邸」(はやしとみながてい)は新潟県上越市に残る大庄屋/庄屋クラスの屋敷による『上越名家ネットワーク』の名家/旧家の一つ。上越市指定文化財のお屋敷は現在カフェ『CAFE HAYASHI』として活用され(人気店なので事前予約推奨)、邸宅の周囲には苔の美しい庭園が広がります。

これまでも新潟県内の豪農の館と庭園を色々紹介してきましたが、上越市にも歴史のある複数の館が(主に個人所有のまま)現存します。
しかしながら認知度・知名度も低く、“地域の文化財・文化資源”としての価値が認識・共有されず、財源難で必要な修繕も進まない現状がありました。

その状況を打開する第一歩として2017年から始まったのが『上越名家一斉公開』。江戸時代から続く名家4家(当初は5家)が足並みを合わせ一斉公開され、まずは地域の方々に通常非公開の旧家を体感し、その重要性・貴重さを知っていただく…というイベント。
なお仕掛け人は『にいがた庭園街道』を徐々に全国区にされつつある?「庭屋一如研究会」の藤井代表。いつもお世話になってます。

2020年にはこれらの建築や庭園を後世に継承する為の組織『上越名家ネットワーク』が設立され、公開イベントのみならず地域の学校との連携や「サポーターズクラブ」など活動の幅を広げられております。

で、2017年以降は春(5月)と秋(11月)に一斉公開イベントが行われてきた上越名家。2022年は7月にも1日限りの特別公開を実施!そこで初めて訪れました。一箇所ずつ紹介。

まず林富永邸の歴史について。二つの苗字が連なっているような名前だけど“林”は屋号。富永家の本家は江戸時代にこの地に入り、幕末までは庄屋役をつとめた名家でした。
林富永家は富永家の分家の一つで、江戸時代中期に現・いわき市小名浜で代官の手代をつとめ、後に上越に戻った富永護右衛門を祖とします。

現在まで残るお屋敷は明治時代、1883年(明治16年)に建立。四代目・富永護右衛門が元々高田藩の御林だった場所を購入し建設したことから“林富永”と呼ばれるようになりました。その歴史が示す通り現在も杉並木のアプローチが圧巻…。数十メートルに渡る杉並木の先に茅葺屋根の重厚なお屋敷が現れます。

玄関を入ってすぐの広間には豪快な梁が見えたりと農家らしいデザインもあるものの、奥に進めば進むほど書院造りの“近代の文化人が好む”邸宅の作りに…違い棚や狩野派の屏風、勝海舟犬養毅の書も!四代目・富永護右衛門は農家としてではなく外科医を開業した人物でした。地元に止まらない幅広い繋がりがあったのかも。
そして建築そのものは当初からあまり手が加わっていないそうですが、『CAFE HAYASHI』の為に選ばれたインテリアは“和モダン”な雰囲気を醸す。

そんな邸宅の周囲に広がる苔庭が林富永邸のもう一つの見所。特に邸宅の西側は、高台部にある邸宅・庭園から眼下にのぞむ水田や山々を借景として——樹齢数百年の高木と相まってスケールがとても大きな庭園。
夏には青々としていた水田は”海”に見立てられているとか。高台部から田畑を見下ろす庭園としては京都の『桂離宮』なんかもそうだけど、“鑑賞式庭園の借景”として取り入れられているのは珍しい例。

そしてこの広い苔庭に、人が踏み入れないようにするための柵や結界が殆どない状態で歩かせていただけるのも貴重で——その分ちょっとした緊張感を持ちながら鑑賞できるのも楽しい。きっと雨が降った後は(借景は薄れても)苔庭は輝きを増す姿が見られるはず…。

各地に「集客と広報・PR」に苦しんでいる旧家・文化財・庭園施設があると思う。
個々のリソースで頑張れることって限界があるし、かといって「自治体の観光サイト」の中ではどうしても埋もれてしまうので(*京都…は特別として島根県のように庭園推しの自治体もあるけど)、上越名家のように“近い存在でチームを作って面で伝えていく”のはとても良いケースだと思うのです。2022年秋の公開は11/12(土)・13(日)!

(2022年7月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

北越急行ほくほく線 うらがわら駅より約6km(*公共交通機関での来訪は難しそう)

〒942-0265 新潟県上越市三和区神田2245-24 MAP

投稿者プロフィール

イトウマサトシ
イトウマサトシ
Instagram約9万フォロワーの日本庭園メディア『おにわさん』中の人。これまで足を運んで紹介した庭園の数は1,900以上。執筆・お仕事のご依頼も受け付けています!ご連絡はSNSのDMよりお願いいたします。
PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約10万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。