富山県美術館 屋上庭園Toyama Prefectural Museum of Art and Design, Toyama

立山連峰の借景も美しい内藤廣設計の美術館。グラフィックデザイナー佐藤卓による屋上庭園“オトノマペの屋上”も。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

富山県美術館 屋上庭園について

「富山県美術館」(とやまけんびじゅつかん)は“世界一美しいスタバ”があることで知られる都市公園「富岩運河環水公園」の一角に2017年にオープンした美術館。略称はTAD。

前身の富山県立近代美術館の時代から『世界ポスタートリエンナーレトヤマ』のメイン会場でもあったことで数多くのポスターを所蔵しており、ロゴデザインやキャラクターを日本を代表するグラフィックデザイナーのひとり・永井一正が手掛けるほか、屋上庭園“オトノマペの屋上”のデザインは『デザインあ』で知られる佐藤卓が手掛けるなど、グラフィックデザイナーと所縁深い美術館(なので英名では“Museum of Art”だけでなく“Museum of Art and Design”)。

建築の設計は内藤廣建築設計事務所。これまで紹介した『向山庭園』『とらや京都店』と比べると日本庭園という感じではないかもですが、内藤廣建築の庭園・ランドスケープとして紹介。

建物から見下ろす富岩運河環水公園の風景や立山連峰の風景を見ていると、“日本庭園観”とは切っても切り離せない景観…借景がそこにはある、と感じるし(ちなみにライブラリにも日本庭園関係の本も)、改めて内藤廣さん自身のインタビューを読んでいても、特に建物2・3階からのその景観はこの美術館の“見つけ”なんだと思います。

屋上庭園“オトノマペの屋上”はもともとこの場にあった“ふわふわドーム”という遊具を移築させたことを軸にデザインされていて、“ふわふわ”“ぐるぐる”“ひそひそ”“ぼこぼこ”“うとうと”“ぷりぷり”といった7つのユニークな遊具が配されている「子供のための庭」。なんとなく練馬区立美術館の『美術の森緑地』を思い出す(あちらは遊具ではなくカラフルな動物)。“オノマトペ”とは擬音語・擬態語のこと。

ちなみに屋内・屋外の常設彫刻作品としては三沢厚彦さんの「ANIMALS」シリーズが。このシリーズ好きで過去に個展とか見に行ってたんですよねー。あとイッセイミヤケの手掛けるユニフォームもかっこいい!TADと『TOYAMAキラリ』だけでも富山で途中下車する価値ある。

(2020年9月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR北陸新幹線 富山駅より徒歩15分
富山ライトレール インテック本社前駅より徒歩13分
富山駅より路線バス「富山県美術館」バス停下車すぐ

〒930-0806 富山県富山市木場町3-20 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
富山城址公園 日本庭園
富山城址公園 日本庭園

江戸時代には富山前田家の居城であった富山城址公園に造られた日本庭園。2015年完成のまだ真新しい庭園です。(2017年5月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認く …

豪農の館 内山邸庭園
豪農の館 内山邸庭園

豪農の館 内山邸庭園について 「豪農の館 内山邸」(ごうのうのやかた うちやまてい)は“越中一千石地主”と呼ばれた豪農の邸宅。その大部分は幕末の1868年(慶応4年)に建造され、旧内山家住 …

松桜閣庭園(天真寺)
松桜閣庭園(天真寺)

松桜閣(天真寺)庭園について 【冬季は休園】 「松桜閣」(しょうおうかく)は初代富山県知事・国重正文の邸宅として1883年(明治16年)に建築された近代和風住宅。その後、明治24年に黒部 …

光久寺の茶庭“俯仰園”
光久寺の茶庭“俯仰園”

富山県指定名勝。光久寺(こうきゅうじ)は奈良時代に創建した古刹で、光久寺庭園は江戸時代中期・加賀藩御用の造園師・駒造の作とされる。国指定名勝庭園のない富山県の、唯一の「県指定名勝 …