川崎幸次郎の庭園

川崎幸次郎の庭園の記事が6件あります。

川崎幸次郎(かわさきこうじろう)はパナソニック創業者・松下幸之助の『真々庵』の御用庭師でもあった、昭和の京都の庭師。松下幸之助が寄贈した茶室などの作庭でも名が挙がります。

【関連】松下幸之助ゆかりの庭園

今日のPICK UP

西山氏庭園“青龍庭”

Nishiyama-shi Garden “Seiryu-tei”, Toyonaka, Osaka

大阪の最も新しい国指定文化財の庭園は、昭和の人気作庭家・重森三玲が京都の庭師・川崎順一郎と共に手掛けた初期作品。(通常非公開)

和歌山城 西之丸庭園(紅葉渓庭園)

Wakayama Castle Nishinomaru Garden, Wakayama

紀州徳川家の祖・徳川頼宣が自らの隠居所に作庭した大名庭園。武将茶人・上田宗箇による作庭説も?国指定名勝。

独楽庵庭園“三関三露”

Dokurakuan Garden, Izumo, Shimane

大名茶人・松平不昧が江戸に築いた大名茶苑“大崎園”でこよなく愛した千利休ゆかりの茶室と自ら考案した露地庭。

国立京都国際会館

Kyoto International Conference Center Garden, Kyoto

京都を代表するモダニズム建築、設計は建築家・大谷幸夫。庭園には京都を代表する数寄屋大工・中村外二と庭師・川崎幸次郎による茶室“宝松庵”も。

御苦楽園“修養の庭”

Gokurakuen Garden, Tendo, Yamagata

近代~昭和初期に実業家・水戸部弥作が構想、京都の庭師・川崎幸次郎が作庭に携わった銘石・格言・借景と様々な見所を楽しめる池泉回遊式庭園。

白鳥庭園

Shirotori Garden, Nagoya, Aichi

名古屋市近郊で最も広い本格的日本庭園――中村昌生さんの手掛けた和風建築“清羽亭”も見どころ。

PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約8万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。