旧崇広堂庭園Kyu-Sukodo Garden, Iga, Mie

“赤門”の愛称で親しまれる、伊賀上野の城下町に津藩主・藤堂高兌が江戸時代後期に設立した藩校の庭園。国指定史跡。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

旧崇広堂庭園について

「崇広堂」(すうこうどう)は江戸時代後期に津藩10代目藩主・藤堂高兌により伊賀上野に設立された藩校。「旧崇広堂」として国指定史跡で、講堂・御成門などの当時の建築や庭園が残ります。

2021年10月に初めて伊賀上野の城下町を訪れました!2022年3月に同じ伊賀市の国指定名勝『城之越遺跡』を訪れ紹介しましたが、中心部にはその半年前に訪れてた…紹介が遅くなったけど歴史的な街らしく幾つか庭園が。

かつての上野城跡の南西部、外堀内に位置する旧崇広堂。伊賀や大和、山城国寄りの領地に住む藩士の子の教育のため、津の藩校“有造館”の支校として1821年(文政4年)に創立。現在も掲げられる“崇広堂”の扁額は米沢藩の名君・上杉鷹山(上杉治憲)の筆。

1854年の安政の大地震(安政の伊賀上野地震)で当初の建築の多くは失われましたが、現在施設として残されている玄関棟や72畳の広さの講堂(外観はお寺の本堂みたい)は大地震に耐えその姿を現代に伝えます。

明治維新・廃藩置県の後は村立・町立の小学校として用いられた後、1905年(明治38年)から1983年(昭和58年)の約80年間は市立図書館として地元の方々に親しまれました。創建当初から残る表門にちなんで“赤門”の愛称も。

庭園はざっくり分けて2箇所。まずは講堂の前に広がる庭園。その名の通り匂玉のような形の“匂玉池”を中心とした池泉回遊式庭園。現在は水を入れていないみたいですが、池の北東部(匂玉の上のほう)には滝石組も残る。

この池泉庭園、江戸時代の藩校の絵図には描かれていないみたいで…(中庭は描かれてる)。庭園の一角(道路沿い)の“有恒寮”が今の場所に移されたのが明治時代(明治39年)なので、その際に作庭されたものかな…。そうだとしても既に100年以上が経過した近代の庭園ではあり、大きなモミジの木が秋にはきっと紅葉を見せているんだろう。

もう一つが玄関棟・講堂・北控所の中庭。苔の中に手水鉢と植栽が配されたシンプルな庭園だけど、こちらは江戸時代の絵図とも位置が一致します。

訪れた時には『GLASS ART EXHIBITION IN IGA 2021』の開催期間中で、美しいガラスのアート作品で日本建築が彩られていた。例年行われているイベントのようなので、ぜひその期間を狙って訪れてみて!

(2021年10月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

伊賀鉄道 西大手駅より徒歩4分・上野市駅より徒歩7分

〒518-0873 三重県伊賀市上野丸之内78-1 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
蓑虫庵
蓑虫庵

蓑虫庵について 「蓑虫庵」(みのむしあん/さちゅうあん)は俳人・松尾芭蕉の地元・伊賀上野の城下町にあった芭蕉ゆかりの“芭蕉五庵”のうち唯一残る草庵。江戸時代初期の建築や露地風の回遊 …

城之越遺跡
城之越遺跡

城之越遺跡について 「城之越遺跡」(じょうのこしいせき)は平成年代はじめに発掘され、古墳時代の4〜5世紀(3〜400年代)に作庭されたと推定されている“最古の日本庭園”。国指定名勝&国指 …

名張藤堂家邸跡庭園
名張藤堂家邸跡庭園

名張藤堂家邸跡について 「名張藤堂家邸跡」(なばりとうどうけていあと)は江戸時代に名張の城下町をおさめた武将・藤堂家のかまえた屋敷の遺構。三重県指定史跡となっており、敷地内には枯山水 …

旧長谷川治郎兵衛家庭園
旧長谷川治郎兵衛家庭園

旧長谷川治郎兵衛家庭園について 「旧長谷川治郎兵衛家」(きゅうはせがわじろべえけ)は松阪に残る豪商の邸宅。江戸時代~大正時代にかけて建造・増築された邸宅は「旧長谷川家住宅」として …