須藤公園Sudo Park, Bunkyo-ku, Tokyo

江戸時代には大聖寺藩・松平家の江戸屋敷、明治時代には子爵・品川弥次郎が過ごした歴史ある公園。

この庭園のタグ:
庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

須藤公園(大聖寺藩江戸屋敷跡・品川弥次郎邸跡)について

※2017年11月に通り掛かったら大規模な公園工事中でした。
「須藤公園」(すどうこうえん)は文京区の公園。江戸時代には加賀前田藩の支藩、大聖寺藩主・松平備後守の江戸屋敷だった場所で、池泉回遊式庭園はその面影が残ります。明治維新後には松下村塾で学んだ長州出身の政治家・品川弥次郎子爵の邸宅が置かれ、その後に実業家・須藤吉右衛門の屋敷が置かれたことから「須藤公園」と名付けられました。

(2014年3月、2017年5月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・交通 / Locations

東京メトロ 千駄木駅より徒歩2分
JR山手線 日暮里駅より徒歩11分