善能寺庭園“仙遊苑”Sennyuji Zennoji Temple Garden, Kyoto

空海ゆかりの寺院に、航空機事故犠牲者を弔うため大森健二が建築した“翔空殿”と重森三玲作庭の庭園“仙遊苑”。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

善能寺庭園について

「善能寺」(ぜんのうじ)は皇室の菩提寺である京都の大寺院の一つ『泉涌寺』の塔頭寺院で、平安時代の823年(弘仁14年)弘法大師空海が開基として開かれたとされます。その境内には重森三玲により作庭にされた“仙遊苑”があります。2019年12月初旬、紅葉の終わりがけに再訪。
普段境内は無人管理ですが、16時〜17時?頃には門が締まります。すぐ向かいには大石内蔵助ゆかりの『来迎院』さん。

善能寺がこの地に移転してきたのは明治時代。門を入ってすぐ右手にはお稲荷さんがありますが、これは“日本最初の稲荷大明神”なのだそう。
参道正面に見る本堂“翔空殿”は建築家・大森健二さんによって昭和47年に造営されたもので、これは前年に北海道横津岳で遭難した航空機「ばんだい号」の犠牲者が善能寺と縁があったことから、その冥福を祈り建立されたもの。

この本堂を中心とした境内を重森三玲が担当しており、本堂側から門を振り返ると見える苔むした築山は航空機のような羽を持つものになっています。
ゼロ年代頃まではこの“雲紋築山”の周囲は白砂が敷かれていたようですが、今はだいぶ苔が侵食している。一方で参道の逆側、前回2016年末に訪れた時には苔の広場だったのだけど、今回は剥げて土になっていた(3〜4枚目の写真)。「沢山人が訪れて踏みつけた」とは思いづらいので、猛暑の影響かなあ…。

本堂を囲むように作庭された池泉鑑賞式庭園“仙遊苑”を手掛けた昭和47年は『豊国神社 秀石庭』なども手掛けた年。現在は池に水が貼られていませんが、多数の阿波の青石による石組が見所。
平安時代から続くこのお寺の歴史的背景から、平安・鎌倉・室町・桃山…といった各時代の庭園様式を取り入れながら、境内のテーマである“航空機”といったアイデアが散りばめられているそう――長く続く飛び石も、もしかして飛行機雲が表現されている?また奥まった場所にある巨石による滝石組も圧巻!

建築を手掛けた大森健二さん。建築研究協会の理事を務められた工学博士であり、『平安神宮』社殿、『成田山新勝寺』の大塔の設計、世界遺産『西芳寺』本堂や『京都御所』清涼殿の復元、園城寺勧学院客殿の修復などなど多くの寺社仏閣建築を手掛けられていた方なのですが、まとまった情報は東京文化財研究所のデータベースぐらいにしかない…。僭越ながら新たに大森健二建築のタグ付けを。

(2015年9月、2016年12月、2019年12月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR奈良線・京阪本線 東福寺駅より徒歩20分弱
最寄りバス停は「泉涌寺道」下車徒歩10分

〒605-0977 京都府京都市東山区泉涌寺山内町34 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
泉涌寺 来迎院庭園「含翠庭」
泉涌寺 来迎院庭園「含翠庭」

来迎院含翠庭について 皇室の菩提寺として「御寺」と呼ばれる泉涌寺の塔頭寺院である「来迎院」(らいごういん)。平安時代初期、唐から帰国した弘 …

泉涌寺御座所庭園
泉涌寺御座所庭園

泉涌寺は皇室の菩提寺であることから「御寺」とも呼ばれます。現在の御座所庭園は明治時代に造られたもののようです。(2016年12月訪問。以下の情報は訪 …

泉涌寺 雲龍院庭園
泉涌寺 雲龍院庭園

泉涌寺山内にある寺院。庭園以外にも徳川慶喜が贈ったとされる灯籠や「悟りの窓」が見どころ。(2016年12月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認く …

東福寺本坊庭園 八相の庭
東福寺本坊庭園 八相の庭

国指定名勝。京都五山で京都を代表する寺院の一つ「東福寺」の本坊の庭園。 重森三玲による作庭の枯山水庭園「八相の庭」は現代庭園 …