Sasho庭園Sasho Garden, Kamakura, Kanagawa

花王の創業家の近代別荘建築を活用した古民家レストランで眺める、京都の名庭師・七代目小川治兵衛が鎌倉で作庭した庭園。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

Sasho庭園について

【事前予約推奨/食事利用者向け】
「Sasho」(さしょう)はJR鎌倉駅から徒歩10分程の場所にある古民家レストラン。花王石鹸(現・花王)の社長(二代目長瀬富郎?)の別荘として昭和初期に造営された近代別荘建築で、その庭園は京都の名作庭家・七代目小川治兵衛(植治)の作庭によるもの。紹介が遅れたのだけど2021年夏に初めて訪れました。

こちらのお店を知ったきっかけは——鎌倉の航空写真でGoogleマップで見てて、この飲食店、日本庭園っぽいものがあるなあ、と思ったところから。そしてお店のサイトを開いたら《庭園は京都の庭師小川治兵衛に作庭を依頼したもの》とある。マジ!?(なお、Sashoさんのサイトには“七代目”とは書かれていないけど、年代的には七代目の植治)

鎌倉で小川治兵衛の庭園と言えば『扇湖山荘』(通常非公開)。扇湖山荘は昭和6年なのでそれよりも前の作ということになる。このSasho庭園は自分が読める小川治兵衛本には載っていなけれど、年代的にはありそう(扇湖山荘と同じく、実際メインで作庭に携わったのは弟子であり後の東京を代表する作庭家・岩城亘太郎——かもしれないけど)。

1927年(昭和2年)に建築されたこの近代和風建築、花王社長の後には海軍関係者→店名の由来でもある、現在のオーナーの曽祖父の弁護士・佐生英吉氏へと所有が移りました。そして時は流れ、2010年代に古民家レストランとして開店。その庭園を眺めながらランチやスイーツメニューを楽しむことができます。推しのビーフシチュー御前美味しかった!

庭園について。敷地自体が緩やかな芝生の斜面になっていて、その上部に主屋が建つ。その斜面を下った先には池と“流れ”、そして鎌倉らしいいきなり絶壁!な山の斜面に滝石組が組まれているのが見られる。おそらく以前は山からこの滝石組を通じて、この流れに水も流れていたんだろう。庭園の奥からは『鶴岡八幡宮』の西側にある鶯谷山の眺望も。
小川治兵衛が手掛けた庭園で言うと、規模は違うけど京都・亀岡の『楽々荘』の庭園に近い印象を受ける。

狭い路地を入ったところにあるので、常に混み合っている鎌倉の中ではゆったりできる穴場レストランだと思う!訪れた日がまあまあ強い雨の日だったのがちょいと悔しいけど…今後鎌倉行くたびに行きたいなと思えるお店。
不定期で休みがあり、また行楽シーズンは予約で満席になる日も多いようなので、来店には早めの予約がオススメ。庭園や近代和風建築好きな方もぜひどうぞ。

(2021年8月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR横須賀線 鎌倉駅より徒歩9分
最寄りバス停は「若宮大路」バス停 徒歩6分

〒248-0011 神奈川県鎌倉市扇ガ谷1丁目11-1 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
扇湖山荘庭園
扇湖山荘庭園

扇湖山荘について 【通常非公開】 「扇湖山荘」(せんこさんそう)は鎌倉山の頂上付近に造られた昭和初期の山荘。製薬会社で財を成した長尾欽弥・よね夫妻が暮らした別邸で、飛騨高山の古民 …

旧川喜多邸別邸(旧和辻邸)庭園
旧川喜多邸別邸(旧和辻邸)庭園

【限定公開】昭和の著名な映画人・川喜多長政、かしこ夫妻の邸宅のあった場所に造られた「鎌倉市川喜多映画記念館」。 その敷地内にある和風建築が「旧川喜多邸別邸(旧和辻邸)」。川喜多夫 …

鎌倉文学館庭園
鎌倉文学館庭園

鎌倉文学館について 現在「鎌倉文学館」(かまくらぶんかくかん)として開かれているこの洋館は加賀藩主だった前田侯爵家の別邸として昭和初期に建てられたもので、国登録有形文化財。「旧華頂宮邸」 …

吉屋信子記念館庭園
吉屋信子記念館庭園

鎌倉市吉屋信子記念館について 【期間限定公開】 「鎌倉市吉屋信子記念館」(かまくらしよしやのぶこきねんかん)は近代〜昭和年代にかけて活躍した小説家・吉屋信子が晩年を過ごした邸宅で、1 …