兼六園(秋)

Kenrokuen Garden (Autumn), Kanazawa, Ishikawa

言わずと知れた日本三名園の一つで“庭の国宝”特別名勝庭園。“加賀百万石”加賀藩主・前田家の歴代藩主が江戸時代に造園した、世界中から人が訪れる大名庭園。

庭園フォトギャラリーGarden Photo Gallery

秋・紅葉の兼六園について

「兼六園」(けんろくえん)は言わずと知れた日本を代表する庭園の一つで、水戸・偕楽園岡山・後楽園と共に“”と並び称されます。
江戸時代を通じ、加賀百万石の大名・前田家の歴代藩主によって築庭が進められたで、“庭の”国の特別名勝に指定。また同じく国指定文化財の庭園『成巽閣庭園』が隣接しています(行き来可能な通用口がある)。

世界中から多くの人が訪れる金沢・北陸を代表する観光スポット。これまで何度か訪れていますが、2023年11月、秋には初めて訪れたので紅葉の写真を紹介。

兼六園は当初は「金沢城」の敷地内に作られた庭園であり、現在も金沢城公園とは石川橋を通じて繋がっています(その先にある金沢城跡もで「石川門」が国の重要文化財)。
江戸時代初期に加賀藩5代目藩主・前田綱紀により自らの別荘とその庭園「蓮池庭」が作庭されたのが兼六園のはじまり。江戸中期に一度焼失したものの、11代目藩主・前田治脩により再興、そして江戸時代の後期に入ってから12代目藩主・前田斉広の隠居所「竹沢御殿」が造営された際に『兼六園』と命名。
その後、13代目藩主・前田斉泰により現在のメインの池泉である「霞ヶ池」が拡張され、現在の庭園に近い形となりました。

明治の廃藩置県後に一般公開を開始し今日に至ります。霞ヶ池のほとりにある「徽軫灯籠」(ことじとうろう)が代表的な写真スポットとなっていますが、広大な庭園には様々な見どころが――霞ヶ池にせり出している「内橋亭」や藩政期に造営されたという茶室を再現した「時雨亭」などの多くの和風建築も見応えあり――…って紹介し始めるとキリがないけど…。

園内の南部、花見橋を渡った先に秋に真っ赤な紅葉に染まるモミジ林があります。
兼六園で最も標高の高い「山崎山」という人口の築山は主にカエデやトチノキなどが植栽されているため別名は「紅葉山」とも呼ばれ、その山の麓の滝石組からはじまる“流れ”は園内約600mの曲水を経て、主池「霞ヶ池」へと流れ込んでいます。またこの水源は元は三代目藩主・前田利常が金沢城の防火用水として1632年(寛永9年)設置した「辰巳用水」がそのルーツでもあります。

隣接する「成巽閣」も当初は斉泰の母方の隠居所として作られたもの。そして金沢城公園には近年復元された庭園『玉泉院丸庭園』、そして近隣には石川県の名勝となっている『西田家庭園 玉泉園』なども。市街地の集中したエリアにこれだけ多くの庭園が残っている金沢はやはりスゴい。
また東京などにも前田家ゆかりの庭園は残っているので、旅先の「兼六園」に感動して掘り下げたくなった人はそちらもチェックしてみて!

(2011年3月、2017年5月、2019年3月、2021年6月、2023年11月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR北陸新幹線 金沢駅より徒歩約30分(市内各所にレンタサイクルあり)
金沢駅より路線バス「兼六園下・金沢城」バス停下車徒歩2分
※最も人通りの多い「桂坂料金所」が混雑している場合は別の入場門「蓮池門」「桜ヶ岡口」へ回ると意外と空いていることも。

〒920-0936 石川県金沢市兼六町1 MAP

投稿者プロフィール

イトウマサトシ
イトウマサトシ
Instagram約9万フォロワーの日本庭園メディア『おにわさん』中の人。これまで足を運んで紹介した庭園の数は1,900以上。執筆・お仕事のご依頼も受け付けています!ご連絡はSNSのDMよりお願いいたします。
PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約10万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。