旧中江富十郎邸庭園(金堂まちなみ保存交流館)Gokasho Omi-shonin Yashiki - Former Nakae Tomijuro House's Garden, Higashi-Omi, Shiga

重伝建・五箇荘の町並み交流施設に残る、近代に『鈍穴流』花文の三代目により作庭された回遊式庭園。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

旧中江富十郎邸・金堂まちなみ保存交流館庭園について

「金堂まちなみ保存交流館」は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている『五個荘金堂』の町並みにある公開近江商人屋敷の一つ。有料施設として公開されている『中江準五郎邸』の中江家4兄弟の三男・中江富十郎の屋敷を整備改修し、町並み巡りの交流施設として2008年にオープンしたもの。他の五個荘の近江商人屋敷と同じく、『鈍穴流』の継承者「花文」の三代目によって作庭された庭園が残ります。

中江富十郎は戦前に朝鮮半島、満州、中国大陸に約20店舗存在していた『三中井百貨店』の創業経営者・中江家の4兄弟の三男。(準五郎が末っ子)
元々は五個荘で呉服商を営んでいた中江家。明治時代、日本国内で出店を広げるのではなく朝鮮半島へ渡ると、その先で事業を拡大。最盛期には日本国内の三菱以上の売上を大陸で上げていた…という話がその勢いを物語り、『百貨店王』と呼ばれるまでになりました。しかし――太平洋戦争の終戦によって海外での資産をまるっと失い、三中井百貨店は消失。中江家は五個荘に戻り、現在“三中井”ブランドは彦根城からすぐ近くの夢京橋キャッスルロードの老舗洋菓子店『三中井』にのみ残ります。

この邸宅は10年程前に中江家から東近江市が譲り受け、整備改修を経て公開を開始。公開前&改修前の写真を見ると現在の姿が見違えたと思うぐらい――年季が入っている。庭園は『中江準五郎邸』と同じく『鈍穴流』花文の三代目による作庭なので大正〜昭和初期に作庭されたものだと思うのですが、邸宅は2階部分が明治6年に増築されたものとのことなので――より古い時代のものだったのがその年季に現れていたのかな。なお庭園も公開にあたって花文の五代目により再整備されて今の姿になったそう。

建物の周囲に残る池泉回遊式庭園(現在は枯池)は付近の3箇所の近江商人屋敷(中江準五郎、外村繁、外村宇兵衛)の庭園と比べて巨石が複数配されているところが特徴で――池泉自体の規模は弟・準五郎邸の方が大きいのだけど、その石組の豪勢さは兄の邸宅としての位の高さ・主張を感じさせる。
…他の近江商人屋敷と違って無料の施設だからこのような本格的な(かつ歴史ある)庭園があるとはつゆ知らず。あやうくスルーするところだったけど…見ておいてよかった!時間の都合ですごく慌てて見学したので…次回はゆっくりコーヒーをいただきながら説明を聞きたいなあ。

(あと枯池になっているからそう見えるのか、守山の『大庄屋諏訪家屋敷』の池泉庭園も雰囲気似てる気がしません?花文の作品一覧には無いので系統が似てるだけかもしれませんが)

・・・・・・・・
2019年春に重伝建地区『五個荘金堂』をはじめて巡りました。個人的には75箇所目ぐらいの重伝建。江戸時代以降に興隆した「近江商人発祥の地」として大きな商人屋敷が立ち並ぶ一方で、国指定重要文化財の本堂を持つ「弘誓寺」や聖徳太子が創建したと伝わる「浄栄寺」が集落の中心に位置し、寺社や水路、周辺の水田を含めた景観が歴史的なものとされています。五個荘駅からは最も近い『藤井彦四郎邸』からは徒歩15分程掛かる場所にある、この「金堂まちなみ交流館」や中江邸、外村邸のある辺りがかつての金堂の中心地。

この五個荘には幕末〜明治時代に掛けて近江地方で数多くの庭園を手掛けた勝元宗益(鈍穴)を祖とする作庭流派『鈍穴流』の庭園が数多く残ります。
この勝元鈍穴は茶道「遠州流」の中興の立役者であり徳川将軍家の茶道師範も努めた茶人・辻宗範の弟子。宗範からは遠州流茶道以外にも築庭を学び、その後各地で作庭を手掛けるように。晩年にはこの五個荘金堂に拠点を置き、近江地方を中心に当地の植木商『花文』の初代、2代目とともに様々な庭園を手掛けました。鈍穴流のより詳しい解説は以下の本の試し読みから。

株式会社誠文堂新光社 / 秘伝・鈍穴流「花文」の庭

今回の一連の五個荘の庭園は観光者向けの施設を中心に紹介したけど、ついでに載せている10枚目の写真はこの地域の公民館の前庭、11枚目が観光協会の入っている「ぷらざ三方よし」の庭園。
これらの庭園を実際に見ている時にはまだ鈍穴流のことも知らなかったから何も思わなかったけど…飛び石や植栽の雰囲気からは通ずるものを感じる――。あと足を運んだけど休業日だった古民家カフェとかもあって――五個荘にはまだまだ古庭園が眠っていそう。絶対きっとまた訪れる町並み!

(2019年3月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

近江鉄道 湖東近江路線 五箇荘駅より徒歩約30分
JR能登川駅より路線バス「金堂」バス停下車 徒歩2分

〒529-1405 滋賀県東近江市五個荘金堂町904 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
近江商人屋敷 中江準五郎邸庭園
近江商人屋敷 中江準五郎邸庭園

五個荘近江商人屋敷 中江準五郎邸庭園について 「中江準五郎邸」(なかえじゅんごろうてい)は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている『五個荘金堂』の町並みにある公開近江商人屋敷の …

近江商人屋敷 外村繁邸庭園
近江商人屋敷 外村繁邸庭園

五個荘近江商人屋敷 外村繁邸庭園について 「外村繁邸」(とのむらしげるてい)は小説家・外村繁の生家であり、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている『五個荘金堂』の町並みにある公 …

近江商人屋敷 外村宇兵衛邸庭園
近江商人屋敷 外村宇兵衛邸庭園

五個荘近江商人屋敷 外村宇兵衛邸庭園について 「外村宇兵衛邸」(とのむらしげるてい)は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている『五個荘金堂』の町並みにある公開近江商人屋敷の一つ …

近江商人屋敷 藤井彦四郎邸庭園
近江商人屋敷 藤井彦四郎邸庭園

五個荘近江商人屋敷 藤井彦四郎邸庭園について 「藤井彦四郎邸」(ふじいひこしろうてい)は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている『五個荘金堂』の町並みの外れにあるお屋敷。主屋を …