幻住庵Genjuan, Otsu, Shiga

“先づ頼む 椎の木もあり 夏木立”――石山寺と縁深い神社境内に残る、俳人・松尾芭蕉が夏を過ごした草庵。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

幻住庵について

「幻住庵」(げんじゅうあん)は俳人・松尾芭蕉が江戸時代の元禄3年(1690年)に約4ヶ月間暮らした草庵。国宝寺院『石山寺』の約2kmの西にある国分山の山頂、近津尾神社の境内にあります。

庭園、という程のものがあるわけではないけれど、茅葺の建物の雰囲気がとても良くて訪れたかった場所です。現在残る建築は1991年(平成3年)に再建されたものなので割と最近のもの。

近津尾神社は古くは平安時代の承安3年(1173年)に後白河法皇が石山寺に行幸された際の記録に登場するそう。江戸時代以降、膳所藩主・菅沼織部により保護され、「おくの細道」を終えた翌年、松尾芭蕉がこの地に滞在したのは膳所藩の重臣であり俳人として芭蕉の門下だった菅沼曲翠(菅沼曲水)の招待・勧めによるもの。

菅沼曲翠の伯父・菅沼定知の別荘(避暑地)だったこの草庵。定知の愛称?“幻住老人”の名から幻住庵と名付けられ、芭蕉はこの地に滞在する間に『幻住庵記』を記しました。現在も庵からは琵琶湖が見渡せ遠くの伊吹山か鈴鹿山脈?も視界に入る眺望ですが、昔は樹木ももっと低く比叡山や唐崎の松も眺められる絶景地だったーー的なことを芭蕉は記しています。

芭蕉が大津を去った後に向かったのが、京都・嵯峨に残る“日本三大俳諧道場”『落柿舎』です。…同じく芭蕉ゆかりの地である『義仲寺』は今回スルーしてしまったのでまた今度。

(2020年8月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

京阪石山坂本線 石山寺駅より徒歩20分強
JR石山駅より路線バス「幻住庵」バス停下車すぐ参道
JR石山駅より約2.5km(徒歩30分・駅にレンタサイクルあり)

〒520-0844 滋賀県大津市国分2丁目5 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
膳所焼美術館庭園
膳所焼美術館庭園

膳所焼美術館“陽炎園”について 「膳所焼美術館」(ぜぜやきびじゅつかん)は大名茶人・小堀遠州の指導を受け江戸時代に製造がはじまった“膳所焼”を展示・販売している美術館。 敷地内には東 …

圓満院庭園
圓満院庭園

円満院庭園について 「圓満院」(えんまんいん)は平安時代の987年(寛和3年)に村上天皇の皇子・悟円法親王により創建された寺院で、以来皇室ゆかりの門跡寺院。その庭園は『慈照寺(銀閣寺 …

大津町家の宿 粋世
大津町家の宿 粋世

大津町家の宿 粋世について 「大津町家の宿 粋世」(いなせ)は東海道最後の宿場町・大津宿の町家を活用した旅館。昭和初期に建築である主屋が国登録有形文化財となっています。 《こんな …

月心寺走井庭園・橋本関雪別邸「走井居」
月心寺走井庭園・橋本関雪別邸「走井居」

橋本関雪別邸「走井居」・月心寺庭園について 【通常非公開・団体見学や特別公開日あり】 「瑞米山月心寺」(ずいべいさんげっしんじ)は大正〜昭和期に活躍した日本画家・橋本関雪を開基と …