大観荘庭園

Daikanso Ryokan Garden, Chikushino, Fukuoka

太宰府観光の拠点に。古くは万葉集で大伴旅人に詠まれた“二日市温泉”の昭和レトロの香り漂う温泉旅館の日本庭園。

庭園フォトギャラリーGarden Photo Gallery

大観荘庭園について

「大観荘」(だいかんそう)は九州を代表する観光地のひとつ・太宰府(太宰府天満宮)からも程近い“二日市温泉”の温泉旅館/ホテル。ロビーラウンジから眺められる日本庭園があります。

博多から太宰府天満宮へ向かう時の乗換駅になる二日市。駅の西側に温泉街があるとは見聞きしていたけど、2022年2月の博多遠征の後に初めて訪れました。庭園はあまり見頃の時期じゃないから温泉でも行こかな…と思って、結果庭園のある温泉宿に。

二日市温泉の開湯は古く奈良時代とされ、『万葉集』で“令和”ゆかりの大伴旅人(大宰帥:大宰府の長官)が詠んだ歴史ある
江戸時代には福岡藩主・黒田家御用達の温泉地(御前湯)となり、幕末には三条実美、近代には夏目漱石、昭和年代には昭和天皇美空ひばり等の各界著名人も訪れました。

1963年(昭和38年)に創業、源泉かけ流しの温泉が楽しめる国際観光旅館・大観荘さん。エントランスから坪庭のオブジェが出迎えてくれた上に、ロビーラウンジや館内の廊下から見下ろせる日本庭園があります。銀色ピカピカの“新館”はバブル期に新築されたものっぽいけれど、その庭園は創業時に作庭されたもの。

巨石による滝石組や色んな花木の刈込が整っている日本庭園で――現在は1階フロアからも見下ろすような形になっているのだけれど、当初は池ももう少し広くて、庭園を正面に見るような場所に建物の1階部分があったんだろうな。回遊式庭園なのでフロントでお聞きすれば出方をご案内いただけます。

今回は見頃の季節ではなかったけど、春以降は緑や花が映えているはず!
ちなみに先述の昭和天皇や美空ひばりが泊まったのは『大丸別荘』という旅館。こちらはちょっとまあまあ良いお値段がするので今回は止めた…けどいつか泊まりたいなあ。

(2022年2月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR鹿児島本線 二日市駅より徒歩13分
西鉄天神大牟田線 紫駅/西鉄二日市駅より徒歩17分
西鉄二日市駅・二日市駅より路線バス「二日市温泉」バス停下車 徒歩4分

〒818-0058 福岡県筑紫野市湯町1丁目12-1 MAP

投稿者プロフィール

イトウマサトシ
イトウマサトシ
Instagram約9万フォロワーの日本庭園メディア『おにわさん』中の人。これまで足を運んで紹介した庭園の数は1,900以上。執筆・お仕事のご依頼も受け付けています!ご連絡はSNSのDMよりお願いいたします。
PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約10万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。