福田美術館庭園

Fukuda Museum Garden, Kyoto

渡月橋や嵐山を借景とした現代庭園、設計はMLS Inc.三谷康彦。『パンとエスプレッソと』もある嵐山の新名所!

庭園フォトギャラリーGarden Photo Gallery

福田美術館について

「福田美術館」(ふくだびじゅつかん)は2019年10月に嵐山にオープンした私設美術館。葛飾北斎円山応挙俵屋宗達伊藤若冲横山大観竹内栖鳳上村松園といった江戸時代~近代にかけての日本画家の作品を約1,500点所蔵し、そのコレクションから企画展が開催されています。
オープン直後の昨年11月に初めて訪れ、この夏に再訪しました!主に晴れた夏の日の写真で紹介。

建築の設計は安田アトリエの中にも展示室は蔵がイメージされたり、のエッセンスが踏まえられているそう。
そして建物から川へ向かって池泉庭園があります。国の名勝・嵐山を“水鏡”として写す現代庭園でありつつも、建物東部分には伽藍石~飛び石が配された和風庭園も。庭園の設計はMLS(Mitani Landscape Studio)・三谷康彦さん、施工は京都『南禅寺』等の御用達庭師・植彌加藤造園

MLS, Inc.(Mitani Landscape Studio)の三谷康彦さん。名前を初めて記しますが、これまで紹介した中では『京都迎賓館』『豊田市美術館』、金沢の『鈴木大拙館』のランドスケープも担当しておられます。後ろ2つは谷口吉生さん建築。
(ちなみに…このうち2つにはの共同制作パートナーもつとめた石彫家・和泉正敏さんが参加しておられるんですよね…そのディレクションはこの方がされていたのかな。)

L字型の建築の場所ごとに風景の変わる庭園。2階の第三展示室から眺めると遠く東山山系まで見たわせるし、ミュージアム・カフェ『パンとエスプレッソと福田美術館』からは水盤から繋がるように大堰川~渡月橋~桂川の風景が眺められます。
美術館にはアラビカも隣接してるし『パンとエスプレッソと嵐山庭園』も良いけれど、こちらのパンエスも超良い!嵐山の新名所、美術作品ではなくカフェ目的でも建築も庭園も風景も実はアートの一部。

(2019年11月、2020年8月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR山陰本線 嵯峨嵐山駅より徒歩約10分
嵐電北野線 嵐山駅より徒歩3分
阪急嵐山線 嵐山駅より徒歩約10分

〒616-8385 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3−16 MAP

投稿者プロフィール

イトウマサトシ
イトウマサトシ
Instagram約9万フォロワーの日本庭園メディア『おにわさん』中の人。これまで足を運んで紹介した庭園の数は1,900以上。執筆・お仕事のご依頼も受け付けています!ご連絡はSNSのDMよりお願いいたします。
PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約9万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。