竹香園

Chikkoen Garden, Obi, Miyazaki

“九州の小京都”飫肥の玄関口・JR飫肥駅からすぐ。貴族院議員・高橋源次郎の邸内に明治時代に作庭された近代日本庭園。桜の名所。

庭園フォトギャラリーGarden Photo Gallery

竹香園について

「竹香園」(ちっこうえん)は“九州の小京都”こと・飫肥の玄関口、JR飫肥駅のすぐ裏手にある公園/日本庭園。地元では日南市を代表するとして知られます。

日本で2番目に国のに選定された城下町・飫肥。
“曾我兄弟の仇討ち”で有名な鎌倉時代の御家人・工藤祐経の子孫でもある日向伊東氏が桃山時代に本拠地に定め、関ヶ原の戦い以降も離れることなく江戸時代を通じて飫肥藩を統治しました。城下町の地割は桃山時代〜江戸時代初期に形成されたものをよく残していて、の門・石垣・石塀の並ぶ趣きのある町並みが見られます。

その城下の武家屋敷の残る文化財の庭園と比べると、新しく・広い日本庭園が「竹香園」(なお竹香園としては日南線の車内からも見える日本庭園だけでなくこの公園一帯を指します)。新しいと言っても原型は明治時代に作庭された近代日本庭園だったり。

元々この場所には飫肥出身の貴族院議員・高橋源次郎が1907年(明治40年)に造営した別荘・農地がありました。残されている庭園はその時代に5年の歳月をかけ作庭されたもので、ソテツの植栽などは飫肥の地域性を感じつつも、全体的には“地域に一般的な日本庭園を伝えるための純日本庭園”といった趣き。(なお昭和〜平成にかけて老朽化が進んだため、現在の姿は平成年代に再整備を経た後のもの)

この庭園を含めた土地が戦後の1951年(昭和26年)に高橋家より日南市に寄贈され、日南市の総合公園として開園。園内東部には芝生の広場があり、春には桜の名所として地元の方々が集います。
飫肥の古い街並みは庭園にも注目!

(2014年2月、2017年12月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR日南線 飫肥駅より徒歩約3分

〒889-2533 宮崎県日南市星倉6576-1 MAP

投稿者プロフィール

イトウマサトシ
イトウマサトシ
Instagram約9万フォロワーの日本庭園メディア『おにわさん』中の人。これまで足を運んで紹介した庭園の数は1,900以上。執筆・お仕事のご依頼も受け付けています!ご連絡はSNSのDMよりお願いいたします。
PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約10万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。