福島県の庭園

福島県の庭園の記事が8件あります。

いわき回廊美術館

Snake Museum of Contemporary Art (SMoCA), Iwaki, Fukushima

いわき回廊美術館(SMoCA)について 「いわき回廊美術館」は世界的に有名な現代芸術家・蔡國強(ツァイ・グオチャン)によってデザインが手掛けられ、2013年にオープンした屋外美術館。東日本大震災及び東京電力福島第1原発事故の後にはじまった「…

杉妻会館庭園

Sugitsuma Kaikan's Garden, Fukushima

杉妻会館庭園について 「杉妻会館」(すぎつまかいかん)のある福島市杉妻町は一帯が中世〜幕末まで続いた福島城(杉妻城)の跡であり、現在も福島県庁が建つなど行政上の中心地となっています。杉妻会館は昭和後半に完成した別名「地方職員共済組合福島県支…

御倉邸庭園

Ogura-tei Garden, Fukushima

御倉邸(旧日本銀行福島支店店長宅)について 「御倉邸」(おぐらてい)は福島県庁の近くに残る歴代の日本銀行福島支店長が暮らしたという邸宅で、昭和初期の建築。日本銀行の役宅としては現存する最古の建物(といっても他に残っているのは新潟市にある「砂…

御薬園(会津松平氏庭園)

Oyakuen Garden, Aizuwakamatsu, Fukushima

御薬園(会津松平氏庭園)について 国指定名勝。室町時代に湧いた心字池を中心として、江戸時代中期に藩主・松平氏の別邸として造られたのが「御薬園」(おやくえん)。池泉回遊式の大名庭園のほか、薬草園が置かれたことが名前のルーツだそうです。作庭は目…

白露庭

Hakurotei Garden, Aizuwakamatsu, Fukushima

「白露庭」(はくろてい)は江戸時代この地にあった会津藩の家老・内藤氏の屋敷にあったとされる遠州流の池泉鑑賞式庭園。作庭年代は不明ですが、江戸時代の作庭と推定されています。 現在は鶴ケ城からすぐの場所にある「福島地方裁判所」の前庭として見学す…

白水阿弥陀堂 浄土庭園

Shiramizu Amida-do Jodo Garden, Iwaki, Fukushima

白水阿弥陀堂について 「白水阿弥陀堂」(しらみずあみだどう)の正式名は願成寺阿弥陀堂(がんしょうじあみだどう)。平安時代からの歴史があるという大規模な浄土庭園は国の史跡(現在のものは昭和年代に復元されたもの)で、その中心の阿弥陀堂は国宝とな…

南湖公園 翠楽苑

Suirakuen, Shirakawa, Fukushima

「翠楽園」(すいらくえん)は国指定名勝の「南湖公園」のほとりにある池泉回遊式庭園。平成になってから造られた新しい日本庭園。 (2015年9月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。) 関連サイト / …

南湖公園

Nanko Park, Shirakawa, Fukushima

国指定名勝。「南湖公園」は白河藩主・松平氏が、居城だった日本100名城「白河小峰城」より南に3kmの南湖に開いた公園。江戸時代後期に、当初から民にも開放することを念頭に作られた「日本最古の公園」とされています。 (2015年9月訪問。以下の…

もっと詳しい地域で絞るDetailed area