福岡市の庭園

福岡市の庭園ガイドが10件あります。

損保ジャパン福岡ビル庭園

Sompo Japan Fukuoka Building Garden, Hakata, Fukuoka

損保ジャパン福岡ビル庭園について 「損保ジャパン福岡ビル」(そんぽじゃぱんふくおかびる)は日本の大手損害保険会社・損害保険ジャパン株式会社によるテナントビル。その建築は“メタボリズム”を提唱した昭和日本の代表的建築家・黒川紀章の設計。 JR…

天与庵庭園

Tenyoan Temple Garden, Hakata, Fukuoka

天與庵庭園について 「天與庵」(てんよあん)はJR博多駅からも程近く、博多旧市街のシンボル“博多千年門”からすぐの場所にある臨済宗東福寺派の禅寺。隣接する博多を代表する寺院『承天寺』の塔頭寺院で、本堂(方丈)前に現代の枯山水庭園が広がります…

承天寺庭園“洗濤庭”

Jotenji Temple Garden, Hakata, Fukuoka

承天寺庭園“洗濤庭”について 【通常非公開】 「萬松山 承天寺」(じょうてんじ)はJR博多駅からも程近く、博多旧市街のシンボル“博多千年門”からすぐの場所にある臨済宗東福寺派の禅寺。例年秋に開催される『博多旧市街ライトアップウォーク 千年煌…

楽水園

Rakusuien Garden, Fukuoka

楽水園について 「楽水園」(らくすいえん)はJR博多駅から程近くの日本庭園施設。博多の商人・下澤善右衛門親正が明治時代に造営した別荘の庭園をルーツとし、屋内では茶庭を眺めながらお抹茶をいただくことも。 2021年末に推しのライブを見に福岡遠…

大濠公園 日本庭園

Ohori Park Japanese Garden, Fukuoka

大濠公園 日本庭園について 「大濠公園」(おおほりこうえん)は江戸時代に福岡藩初代藩主・黒田長政が福岡城の外濠とした“大濠池”を中心とした水景公園。設計は“日本の公園の父”本多静六と助手・永見健一で国登録記念物(名勝地)にもなっています。そ…

旅館鹿島本館

Japanese Ryokan Kashima Honkan, Fukuoka

旅館鹿島本館について 「旅館鹿島本館」(りょかんかしまほんかん)は福岡市・博多の中心街にも程近い国登録有形文化財の和風旅館。大きな石灯籠の中庭も見どころ。 ※2021年9月追記:2020年に閉業し、2021年5月に取り壊されたと報じられまし…

平尾山荘(野村望東尼山荘跡)

Hirao-sanso, Fukuoka

平尾山荘について 「平尾山荘」(ひらおさんそう)は幕末の女流歌人・勤王家、野村望東尼(のむらぼうとうに)が隠居した地。現在は復元された草庵が残り、一帯が福岡市指定史跡となっています。幕末には西郷隆盛と関係の深かった僧・月照や高杉晋作がこの山…

松風園(松風庵)

Shofuen Garden, Fukuoka

松風園(松風庵)について 「松風園」(しょうふうえん)はかつて福岡を代表する百貨店だった“玉屋百貨店”の創業者・田中丸氏(田中丸善八翁)の邸宅「松風荘」の跡地に、当時の庭園の一部と茶室を残し2007年(平成19年)にオープンした市民庭園。 …

妙福寺庭園

Myofuku-ji Temple Garden, Fukuoka

妙福寺庭園について 【通常非公開】 「妙福寺庭園」(みょうふくじていえん)は福岡市指定名勝の庭園で、作庭年代は記録がないそうですが調査上の推定では江戸時代初期を下らない(寺伝では室町時代の作庭と伝わる)古庭園で、公開日は『1・5・8・12月…

友泉亭公園

Yusen-tei Garden Park, Fukuoka

友泉亭公園について 「友泉亭公園」(ゆうせんていこうえん)は福岡藩第6代藩主・黒田継高公が江戸時代中期に別荘として造った「友泉亭」を福岡市初の池泉廻遊式の日本庭園として整備し、昭和後期に開かれた公園。福岡市指定名勝。 大名庭園ライクな池泉廻…

【 存続のためのお願い 】
庭園情報メディア「おにわさん」存続のため、
新オーナー(組織)を募集します。詳しくはこちら>>
(2022年8月22日掲載)