青木周弼旧宅(旧青木氏庭園)

Former Aoki Shusuke Residence Garden, Hagi, Yamaguchi

幕末に緒方洪庵と並び称された萩藩御用医・青木周弼や後の外務大臣・青木周蔵を輩出した武家屋敷とその庭園。

庭園フォトギャラリーGarden Photo Gallery

青木周弼旧宅について

「青木周弼旧宅」(あおきしゅうすけきゅうたく)は江戸時代末期の日本屈指の蘭学医で萩藩(長州藩)藩主・毛利敬親の御用医だった青木周弼の旧邸。・萩城に残る武家屋敷の一つとして一般公開されています。

2021年7月に約7年ぶりに萩へ。幕末の志士や明治維新後に政府の要職を務めた人材を多数輩出した萩。そのうちの一人、山縣有朋が椿山荘・無鄰菴など“山県三名園”を作り上げたバックグラウンドとして、萩の城下町では“庭園”が身近な存在だったことが影響している(のだと思う)。

…と言いつつ前回来た時は全然庭園って目線で巡ってなかったんだけど。2015年にユネスコ『明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業』にも登録された萩の城下町は偉人の武家屋敷や町家に多数庭園が残ります。

この青木周弼旧宅や先に紹介した『木戸孝允旧宅』『菊屋家住宅』等のある一帯は国のからは少し外れている一方で、『史跡萩城城下町』として国指定史跡となっている珍しい例。
青木周弼旧宅と木戸孝允旧宅のある“江戸屋横町”は下級~中級武家屋敷の門や塀が連続する古い町並みを残しています。

明治維新に関わった藩士と比べると知名度の落ちる青木周弼ですが、地元長州の三田尻で名医・能美友庵、能美洞庵や江戸・坪井信道、長崎でシーボルトにも学び、緒方洪庵と並び称される程の名医でした。また藩医としてもまだ10歳の頃の高杉晋作を治療した経験も。

現在も残る旧宅は1859年(安政6年)の建築。決して広い武家屋敷ではないけれど、ここに全国から門下生が集いました。また背中合わせの土地には弟・青木研蔵やのちに外務大臣を務める甥の青木周蔵が暮らしました。青木周蔵…見たことある気がする…とか思ったら、『旧青木家那須別邸』の人だった!

青木周弼旧宅の座敷からは“萩の庭園スタイル”が感じられる枯山水庭園が眺められます。木戸孝允旧宅でも書いたような高い飛び石と茶色っぽい砂の“出雲流庭園っぽい”庭園で、面積こそ小規模だけど築山に植わったクロマツの大木が歴史を感じさせる。モミジも。

なおこの青木周弼旧宅も対象の「萩市文化財施設1日券」(9施設で310円。ちなみに菊屋家は対象外です、念のため。)は9施設いずれも素晴らしいので萩観光のマストアイテム。むしろ値上げしていいと思う…!

(2021年7月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR山陰本線 東萩駅より徒歩25分
JR山陰本線 玉江駅より徒歩25分強
JR山陰本線 萩駅より約3km
萩駅・東萩駅より路線バス(循環バス)「萩美術館・城下町入口」バス停下車 徒歩3分
※萩駅・東萩駅にレンタサイクルあり

〒758-0077 山口県萩市南古萩町3 MAP

投稿者プロフィール

イトウマサトシ
イトウマサトシ
Instagram約9万フォロワーの日本庭園メディア『おにわさん』中の人。これまで足を運んで紹介した庭園の数は1,900以上。執筆・お仕事のご依頼も受け付けています!ご連絡はSNSのDMよりお願いいたします。
PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約10万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。