ウェスティン都ホテル京都 佳水園庭園・葵殿庭園The Westin Miyako Kyoto Garden, Kyoto

村野藤吾設計の高級ホテルに、七代目小川治兵衛が作庭した“葵殿庭園”と八代目・白楊作庭の“佳水園庭園”。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

ウェスティン都ホテル京都 葵殿庭園・佳水園庭園について

「ウェスティン都ホテル京都」は京都の東山・南禅寺界隈にある高級ホテル。本館および和風別館「佳水園」の設計は昭和代表する建築家のひとり・村野藤吾。そして近代京都を代表する造園家・七代目小川治兵衛(植治)とその息子(八代目)小川白楊の作庭した葵殿庭園、佳水園庭園があります。京都市指定名勝。
2019年まではスタッフの方にお声掛けし、他にイベント等がなく都合が問題なければ鑑賞可能でしたが、2020年にリニューアル工事が完了。再リニューアルしているのでこれまでと同じように見られるかは不明。(今回は葵殿庭園の写真を追加しました。)

1890年(明治23年)の琵琶湖疏水開通の前日に豪商・西村仁兵衛らによって“吉水園”として開業。その10年後に洋式のホテル“都ホテル”となり、昭和の半ばにはウェスティンホテルズと提携。2002年に“ウェスティン都ホテル京都”と改称。京都の近代化とともに歴史を重ねている、現代に至るまで京都の最も国際的なホテルの一つ。

■佳水園庭園
まずは植治の息子、8代目小川治兵衛・小川白楊の手掛けた“佳水園庭園”。元々は、大正期の総理大臣・清浦奎吾の別荘“喜寿庵”が建てられていた場所で、庭園もその造営の際に作庭されたもの。自然の岩盤を活かし、その岩壁のデコボコを活かしながら水を流して流れを作った池泉庭園。

清浦といえば山縣有朋とも関係が深く、小田原の『皆春荘庭園』は当初清浦の別荘だったのを山縣が譲り受け『古稀庵』に編入していたりする。都ホテルも山縣の別荘『無鄰菴庭園』からほど近く。これも絡みがあるのかな〜…と思ったけど“喜寿庵”の造営は山縣の死後の1926年(大正15年)。
なお清浦の没後に都ホテルに寄贈され、現在の和風別館「佳水園」が村野藤吾によって建築されました。自分が一番好きな白砂の枯山水部分、これは村野藤吾によって加えられたもの。

■葵殿庭園
階層でいうと7階にある佳水園から5階まで散策路を下ると、7代目小川治兵衛()作庭の『葵殿庭園』があります。現在残る庭園は1933年(昭和8年)に改修された植治の最晩年の庭園ですが、それ以前の明治年代の当初の作庭にも植治が関わっていたそう。

都ホテルの建つ華頂山の中腹に琵琶湖疏水を引き、元々この山に群生するモミジやアセビ、シダ類の自然の風景を活かしつつ滋賀県から運んだ守山石を多数用いた滝石組を2つ組んだダイナミックな池泉回遊式庭園。

なお、1985年以降に開業100周年を記念して手掛けられた新館は新潟の『天寿園 瞑想館』と並び村野藤吾の遺作の一つであり、七代目小川治兵衛にとっても『葵殿庭園』は最後に手掛けた遺作。巨匠2人の円熟期の作品を体感できる場ーーいつか泊まれる大人になりたいっすねえ。

(2014年7月、2016年5月、2019年10月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

京都市営地下鉄東西線 蹴上駅より徒歩3分
最寄りバス停は「蹴上」バス停 徒歩2分

〒605-0052 京都府京都市東山区粟田口華頂町1 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
無鄰菴庭園
無鄰菴庭園

国指定名勝。無鄰菴(第三無鄰菴)は明治時代に造られた山縣有朋の別邸跡。作庭は七代目小川治兵衛(植治)。東山の借景が素晴らしい。東京の椿山荘庭園などと合わせ、山縣三名園の一つ。(2013年 …

青蓮院庭園(青蓮院門跡)
青蓮院庭園(青蓮院門跡)

青蓮院門跡は江戸時代に仮の御所になったこともある皇室ゆかりの寺院。相阿弥による池泉庭園と小堀遠州による枯山水の「霧島の庭」があります …

南禅寺 金地院庭園
南禅寺 金地院庭園

国指定名勝、特別名勝。金地院は南禅寺の塔頭。江戸時代初期に小堀遠州によって作庭された枯山水庭園「鶴亀の庭」。(2014年12月、2016年5月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公 …

蹴上浄水場
蹴上浄水場

【期間限定公開】 京都市内のツツジの名所。例年、ツツジの開花時期(ゴールデンウィーク頃)に一般公開されているようです。詳しい公開時期は公式サイトをご覧ください。(2016年5月訪問。以下の情報 …