ザ ターミナル キョウトThe Terminal KYOTO Garden, Kyoto

アートギャラリー、カフェとして新たな命が吹き込まれた、昭和初期の呉服商・木崎安之助の京町家と庭園。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

ザ ターミナル キョウト(旧木崎家住宅)について

「The Terminal KYOTO」(ザ ターミナル キョウト)は昭和初期に建てられた京町家を復元・リノベーションして開かれているカフェ、アート・ギャラリー、イベントスペース。
京都市の姉妹都市パリが毎年10月5日に行っている現代アートの芸術祭“ニュイ・ブランシュ”の京都版、『ニュイ・ブランシュKYOTO』の展示会場になっていたことで知り、初めて訪れました!

四条烏丸および国指定名勝庭園もある『杉本家住宅』から程近く。こんなスペースあるとは知らなかった。
元は京呉服の名門『木崎呉服店』の創業者・木崎安之助の自邸として昭和7年に建てられたもの。ちなみに杉本家も元は呉服屋、昔からこの付近は呉服屋街だった――的なことを地元の方がおっしゃられていた。だから現代にかけて四条通りはショッピング街に変貌していったのかな〜。

そんな京町家も姿を消すものが少なくない中、現ターミナルキョウト、旧木崎家住宅は2013年から修復に入り、2014年にオープン。その模様はツカキグループ代表・塚本喜左衛門さんのブログで紹介されています。

ついに出来ました! 京の町家の復元:喜左衛門ブログ | 京都の専門商社、ツカキグループ

が、いわゆる施工業者のみならず、このプロジェクトの立案者のブログも(放置されているけど)残ってて。こちら
この方が現在もこの会社に在籍中なのかは不明ですが――こうして、完成形だけを観る立場としては、解体・施工作業も本当は立派な“ストーリー”なんだよなぁってこのブログを見ていると気付かされる。

かつては住居と仕事場が兼ねられたものだったので、現在の建物内も玄関・土間が非常に広く造られている。そこから坪庭を一つの境界として奥が座敷、その奥には京町家の庭としてはとても奥行きのある日本庭園――へと繋がってゆきます。現在はその座敷がカフェ・スペースとなっていて、伝統的な和風の座敷とモダンで白いタイルを基調としたキッチンが隣り合わせになっていて。そのコントラストがめっちゃかっこいいの!

そして京町家の庭園としては奥行きのある“奥庭”。これも昭和初期に作庭されたものから基本はそのままで、大きな鞍馬石の沓脱石など庭石は当時のままだそう。光悦垣の奥には茶室もあるそうです。

建物を手掛けた棟梁・川嶋佐兵衛さんという方の情報もさほど無いのですが、名前で検索すると北区にある『鷲田家』を手掛けたというページが出てくる。

鷲田家 | 京都を彩る建物や庭園 京都市文化市民局

鷲田家の写真に写っている伽藍石、飛石、白砂、苔や植栽の感じはターミナルキョウトともよく似ている。庭師さんも同じ方だったのかもしれませんね。面白いのがこの『鷲田家』が出来た当時のご当主・井上元次郎も呉服業を営んでいたと。呉服屋ネットワークがそこにはあるのかも…。

今回『ニュイ・ブランシュKYOTO』で展示していたのは、フランスが国外に保有する3つのアーティスト・イン・レジデンスのうち一つ、京都の『ヴィラ九条山』で滞在制作するアーティストの作品。
そのうち写真を載せている主なもののみ。庭園の前にある大きな下駄は写真家、イザベル・ルミンの作品。坪庭とその周辺に設置されたのは調香師、ダニエル・ペシオによる香りの作品(そうそう、京都へ来て「こんなにお香が生活文化の一つの街があるのか」とカルチャー・ショックを受けてますw)。写真じゃ伝わらないけれど“源氏物語”をテーマにした香りを制作した――のだそう。

2階の窓際にあったのが漆芸家、マルティーヌ・レイの漆の作品。同じく2階の間にあった丸い球体たちの作品は、ミリン・グエン、パブロ・サラン、山崎康の共作。面白いアート展でした。不定期で様々な展覧会が行われているので、また今後のイベントもチェックして足を運びたい!

(2019年10月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

京都市営地下鉄烏丸線 四条駅より徒歩5分
阪急京都線 烏丸駅より徒歩5分

〒600-8445 京都市下京区新町通仏光寺下ル岩戸山町424番地 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
杉本氏庭園(杉本家住宅)
杉本氏庭園(杉本家住宅)

杉本家住宅について 【公開日は公式サイトで要確認!】 京都の街中、烏丸四条の交差点から程近くにある国指定重要文化財「杉本家住宅」(すぎもとけじゅうたく)は江戸時代に「奈良屋」とい …

正伝永源院庭園
正伝永源院庭園

正伝永源院について 【期間限定公開】 「正伝永源院」(しょうでんえいげんいん)は京都五山・建仁寺の塔頭寺院の一つ。かつては鎌倉時代に創 …

建仁寺庭園 大雄苑・潮音庭
建仁寺庭園 大雄苑・潮音庭

建仁寺本坊庭園「大雄苑」「潮音庭」について 京都五山の中でも最も繁華街に近く、京都を代表する寺院の一つ「建仁寺」(けんにんじ)。 その本坊、国指定重要文化財の方丈を囲む枯山水庭園 …

建仁寺 両足院庭園
建仁寺 両足院庭園

【期間限定公開】 書院前の池泉回遊式庭園「半夏生の庭」があります(京都府指定名勝)。半夏生が色づく初夏をはじめ、1年に2〜3度特別公開期間が設けられます。詳しくは両足院の公式サイトをご覧くだ …