がんこ高瀬川二条苑(第二無鄰菴)Ganko Takasegawa Nijoen Garden, Kyoto

京都の中心部、山縣有朋が別邸“第二無鄰菴”を構え、七代目小川治兵衛が改修した“高瀬川源流庭苑”。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

がんこ高瀬川二条苑(第二無鄰菴)について

多くの歴史的和風建築をレストラン・料亭として再活用している「がんこフードサービス」の“お屋敷”シリーズ。京都の中心部、京都市役所から程近くにある「がんこ高瀬川二条苑」(たかせがわにじょうえん)はその代表格で、元勲・山縣有朋が明治時代に“第二無鄰菴”という別邸を構えた場所。現在残る庭園“高瀬川源流庭苑”は近代の日本を代表する京都の庭師・七代目小川治兵衛(植治)が改修を担当したものとされます。
食事をすれば勿論のこと、タイミングによっては申し出れば見学させていただくことが可能です。2019年の9月に3年ぶりに見学!

さかのぼって江戸時代初期、慶長16年(1611年)に京都の豪商・角倉了以によって鴨川を縦に並走する高瀬川が開削されました。その源流にあたる部分に別邸を造営、その当時に原型となる日本庭園が作庭されたそう。現在レストランとなっている屋敷に併設されている茶室の前の茶庭は小堀遠州により作庭されたものと伝わります。

その後明治時代となり1891年、内閣総理大臣を務めていた(辞したばかりの?)山県有朋がこの地を取得。地元・長州にあった自邸の名前を再度用いて“第二無鄰菴”という別邸を構えました。ただしあまりお気に召さなかったようで別邸は翌年には売却、そののち南禅寺・岡崎界隈に第三無鄰菴こと現在の『無鄰菴』を造営。山縣と植治の出会いはこの『無鄰菴庭園』になる、とも言われるので、“高瀬川源流庭苑”に小川治兵衛が手を加えたのは山縣以降の所有者に移った後に手を入れたのかなあ~と想像。

山県の後は日本銀行総裁を務めた川田小一郎や近江商人をルーツにもつ実業家・阿部市太郎も所有。現在となっては『無鄰菴庭園』とはまた雰囲気が異なりますが、その庭園の見所はなんと言っても鴨川から流れ込んでくる勢いある川の流れ!
また様々な種類の石や石灯籠が配されており、中でも“吾妻屋風燈籠”は日本一大きな灯籠とも。他にも大きな灯籠は見てきたけど(『旧池田氏庭園』とか『益習館庭園』とか)、庭園の高台部にあるというのはあまり見ないし目立つ。その横部分にある滝やその石組、庭園一部から見える東山の借景も美しい!

夏場には鴨川沿いに川床を出して食事を楽しむことも。また小堀遠州の茶庭は柵の外からは眺められるけど歩くことは不可。いつかその茶室の方にも行ってみたい!今後も時々足を運びます。

(2015年3月、2016年2月、2019年9月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

京都市営地下鉄東西線 京都市役所前駅より徒歩3分
京阪本線 三条駅より徒歩5分
最寄バス停は「京都市役所前」「川端二条」バス停、徒歩3分

〒604-0922 京都府京都市中京区木屋町通二条下ル東生洲町484-6 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
無鄰菴庭園
無鄰菴庭園

国指定名勝。無鄰菴(第三無鄰菴)は明治時代に造られた山縣有朋の別邸跡。作庭は七代目小川治兵衛(植治)。東山の借景が素晴らしい。東京の椿山荘庭園などと合わせ、山縣三名園の一つ。(2013年 …

平安神宮神苑
平安神宮神苑

国指定名勝。平安神宮は平安京遷都1100年を記念して、当時は京都の郊外だった岡崎に明治時代に大内裏を復元したもの。神苑はそれに伴って七代目小川治兵衛によって作庭された池泉回遊式庭園。社 …

旧九条家庭園(拾翠亭)
旧九条家庭園(拾翠亭)

九條邸跡庭園・拾翠亭について 京都御苑の一番南側にある「拾翠亭」(しゅうすいてい)は、日本を代表する公家だった「九条家」(くじ …

仙洞御所庭園
仙洞御所庭園

【要予約】 京都御苑の中にある、かつて上皇・法皇のための御所(仙洞御所内には大宮御所もあります)。作庭は小堀遠州とされる。見学には事前予約が必要。詳しくは宮内庁の公式サイトをご覧ください …