重森三玲の庭園

重森三玲の庭園の記事が68件あります。

重森三玲(しげもりみれい)は昭和を代表する作庭家で、枯山水庭園の代表的作庭師。

『永遠のモダン』とは誰が名付けたのか――。氏の存在を知ったのは2011年に東京の「ワタリウム美術館」で行われていた『重森三玲 北斗七星の庭_展』へ足を運んだことがきっかけでした。
この展覧会を見て虜になった。それまで「庭園ってなんかいい」と思い旅先で鑑賞はしていたものの、池泉式ではない庭園の魅力はイマイチよくわからなかった。この展覧会の後、『東福寺方丈庭園 八相の庭』を見に行き、枯山水庭園の魅力を知り――詳しい解説は割愛しますが――氏の庭園や石組で表現されている、アヴァンギャルドな庭園表現、現代アート性、独自の禅の世界――

音楽との出会いで言うならば、中高生の頃――ミッシェル・ガン・エレファント。ニルヴァーナ。マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン――そんなバンドと出会った時のような感覚。そんなことを皮切りにこれまで様々な重森庭園を巡っています。
これまで最も参考にさせていただいているのはほあぐら様のサイトの「重森三玲の庭園 造形美の世界」です。状況が不明な庭園も多い中で、今どきの「ググる」という能力を駆使して(笑)、自治体から昔のニュースから過去の書籍から何からと調べ、コンタクトを取り、巡った庭園も多いです。また個人宅・非公開の庭園も掲載していますが、訪問にはご配慮と適切なコンタクトを。

保国寺庭園

Hokoku-ji Temple Garden, Saijo, Ehime

保国寺庭園について 【要拝観予約】※2022年現在、コロナ禍につき庭園拝観は休止中とのこと 「保国寺」(ほうこくじ)は奈良時代の727年(神亀4年)に聖武天皇の勅願により創建されたと伝わる古刹。本堂裏~本堂横に繋がっている池泉鑑賞式庭園は室…

以楽公園

Iraku Garden Park, Hirakata, Osaka

以楽公園について 【期間限定開放】 「以楽公園」(いらくこうえん)は重森三玲が作庭を手掛けた枚方市の都市公園。例年、春の桜の時期と秋の紅葉期に1〜2週間程度の開放期間があります。 ※2018年秋の特別公開は11/9[金]〜11/23[祝]だ…

安国寺庭園

Ankoku-ji Temple Garden, Fukuyama, Hiroshima

安国寺は重要伝統的建造物群保存地区・福山市鞆町(鞆の浦)に鎌倉時代に創建した寺院。「釈迦堂」は室町時代の建築で国の重要文化財、その奥にある枯山水庭園は室町時代の末期に作庭されたとされ、現代に重森三玲により復元されたもの。(2017年12月訪…

東福寺 霊雲院庭園

Tofuku-ji Temple Reiun-in Garden, Kyoto

東福寺の塔頭。重森三玲が手掛けた枯山水庭園「九山八海の庭」と「臥雲の庭」があります。(2012年1月、2015年3月、2017年8月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。) 関連サイト / Rela…

志度寺庭園

Shido-ji Temple Garden, Sanuki, Kagawa

四国八十八ヶ所巡礼の第86番札所・志度寺にある庭園。重森三玲作庭による石庭「無染庭」と、室町時代に作られたとされる庭園を重森氏が修復した庭園があります。(2015年3月、2016年10月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公…

望洲楼庭園

Boshuro Garden, Handa, Aichi

望洲楼について 【通常非公開】愛知県半田市の江戸時代から続く創業150年の老舗料亭『望洲楼』(ぼうしゅうろう)。重森三玲が1965年(昭和40年)に作庭した枯山水庭園“成田家望洲楼”庭園が残ります。 現在どうなっているかも不明だったので、お…

龍蔵寺雪舟庭園

Ryuzo-ji Temple Garden, Yamaguchi

龍蔵寺の池泉回遊式庭園は作庭は雪舟とされ、荒廃していた庭園を重森三玲が復元した。境内にある大イチョウが国の登録天然記念物となっている。(2015年9月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。) 関連サ…

高野山 不動院庭園(吉仙庭)

Koyasan Fudo-in Temple Garden, Koya, Wakayama

不動院は高野山の宿坊。重森三玲作庭の枯山水庭園「吉仙庭」があります。高野山開創1200年の特別公開で拝観。(2015年5月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。) 関連サイト / Related S…