山本宗林の庭園

山本宗林の庭園の記事が3件あります。

山本宗林(やまもとそうりん)は鳥取藩主・池田家に茶道指南役として仕えた遠州流茶人。父・山本宗賢は小堀遠州の家人だったとされ、父子で藩主・池田光仲が城下町に作庭させた庭園を複数手掛けたと伝わります。

【参考】泉水のある風景・樗谿~山本宗林のつくった東照宮水辺の風景~ - 鳥取市歴史博物館

芳心寺庭園“お題目の庭”

Hoshinji Temple Garden, Tottori

芳心寺庭園“お題目の庭”“鶴亀の庭”について 「大寶山 芳心寺」(ほうしんじ)は『鳥取城』も築かれた久松山山系の東麓にある日蓮宗の寺院。日蓮宗総本山『身延山久遠寺』の別院として“山陰身延”の呼称も。鳥取藩主・池田家に仕え茶事役をつとめた茶人…

樗谿公園“梅鯉庵”庭園・鳥取東照宮

Ouchidani Park Japanese Garden, Tottori

樗谿公園“梅鯉庵”庭園・鳥取東照宮について 「樗谿公園」(おうちだにこうえん)は建築が国重要文化財となっている鳥取市内の代表的な神社のひとつ『鳥取東照宮』(旧・樗谿神社)の門前に開かれた都市公園。茶室“梅鯉亭”の前に広がる日本庭園は、鳥取藩…

観音院庭園

Kannon-in Temple Garden, Tottori

観音院庭園について 「観音院」(かんのんいん)は鳥取の城下町の東部の山裾にある寺院。岡山藩から鳥取藩へ転封された大名・池田光仲により江戸時代初期に築造された池泉鑑賞式庭園が国指定名勝。その作庭には池田家に仕え、城下町で複数の庭園の作庭を手掛…

【 存続のためのお願い 】
庭園情報メディア「おにわさん」存続のため、
新オーナー(組織)募集をしていました。詳しくは>>
(*2022年11月2日更新)