旧塩屋出店(西河克己映画記念館)Kyu-Shioya-demise Garden, Chizu, Tottori

映画監督・西河克己氏の記念館となっている国登録有形文化財の洋館と、明治時代の商家から眺める和風庭園。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

旧塩屋出店庭園について

「旧塩屋出店」(きゅうしおやでみせ)は智頭往来の宿場町“智頭宿”に残る国登録有形文化財の建造物。明治時代~昭和初期に建てられた主屋、洋館、外塀、納屋が登録有形文化財で、洋館は智頭町出身の映画監督・西河克己さんの功績を紹介する『西河克己映画記念館』となっています。

2019年秋に初めて智頭町を訪れた際に、智頭宿の代表的な邸宅・庭園『石谷家住宅』とあわせて見学しました。この塩屋出店は江戸時代後期に石谷家の分家「塩屋本家」の石谷伝三郎の次男、石谷本家の六代目・伝九郎の弟・吉兵衛が店を起こしたのがはじまり。その後、二代目~四代目にかけて問屋や智頭宿の庄屋をつとめ、明治時代には村長も務めたそう。

石谷家ほどの大豪邸ではないですが、当地の商家建築と庭園を見学することができます…がこの日は建物内を見学することはできず。船底天井などの格式高い意匠も見られるそう。

そして現在『西河克己映画記念館』となっている洋館は1930年(昭和5年)に建てられたのち、当初は医療施設として利用、その後キリスト教の教会堂を経て、西河克己監督から映画関係の資料を寄贈されたのを機に2001年(平成13年)に記念館として開館。
氏が監督を務めた「青い山脈」「伊豆の踊り子」「潮騒」といった作品のポスター、台本、スチール写真などの史料が展示されています。

これらの建物の中庭として、背の高いマツや飛び石、サツキ・ツツジの刈込が配された和風庭園が残っています。周囲は住宅街ですが、主屋近くからは穂見山の借景も!智頭へ足を運んだ際はこちらもどうぞ。

(2019年11月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

智頭急行智頭線・JR因美線 智頭駅より徒歩9分
智頭駅〜鳥取駅を結ぶ路線バス「京橋」バス停下車 徒歩2分

〒689-1402 鳥取県八頭郡智頭町智頭545 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
石谷氏庭園(石谷家住宅)
石谷氏庭園(石谷家住宅)

石谷家住宅・庭園について 「石谷家住宅」(いしたにけじゅうたく)は智頭往来の宿場町“智頭宿”の代表的な邸宅(豪邸)で、昭和初期に建てられた主屋・座敷棟・家族棟のほか明治〜大正期の複数 …

奈義町現代美術館“奈義の龍安寺”
奈義町現代美術館“奈義の龍安寺”

■宮脇愛子「大地」の部屋≪うつろひ-a moment of movement≫(4〜6枚目)⇒公式作品解説 ■岡崎和郎「月」の部屋≪HISASHI-補遺するもの≫(7枚目)⇒公式作品解説 ■荒川修作+マドリン・ギンズ「 …

衆楽園(旧津山藩別邸庭園)
衆楽園(旧津山藩別邸庭園)

衆楽園(旧津山藩別邸庭園)について 「衆楽園」(しゅうらくえん)こと旧津山藩別邸庭園は江戸時代初期に津山藩二代目藩主・森長継が京都から庭師を招き作庭された大名庭園で、国指定名勝。 …

安養寺庭園
安養寺庭園

安養寺庭園について 【拝観は要事前連絡】 「仁王院安養寺」(あんようじ)は“美作三湯”湯郷温泉から程近くにある真言宗御室派の寺院で、小堀遠州作と伝わる庭園が美作市指定名勝です。 5年 …