神勝寺 禅と庭のミュージアム“洸庭”Shinsho-ji Temple Zen Museum and Gardens “Kotei”, Fukuyama, Hiroshima

庭石にも注目!現代芸術家・名和晃平とSANDWICH設計のアートパビリオンと、その世界観が反映された日本庭園。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

神勝寺 禅と庭のミュージアム“洸庭”について

「天心山 神勝寺」(しんしょうじ)は造船大手“常石造船”の社長・神原秀夫が開基となり1965年(昭和40年)に創建された臨済宗建仁寺派の禅寺。その境内に、2016年に『神勝寺 禅と庭のミュージアム』がオープン。
『足立美術館』で知られる中根金作とその息子・中根史郎が作庭した日本庭園や、建築史家・藤森照信の作品、現代芸術家・名和晃平率いるSANDWICHのアート・パビリオンや茶室研究家・中村昌生による茶室が見られます。

2021年春に3年半ぶりに訪れたのでその写真を更新。
冒頭に出てくる名前の通り、広大な境内に複数の庭園と建築作品と見所が沢山。それぞれページを分けて紹介。

>> 中根庭園研究所・中根史郎による日本庭園“賞心庭”と藤森照信建築“松堂”

>> 中村昌生による茶室“秀路軒”“一来庵”

>> 中根金作の枯山水庭園『神勝寺 無明院庭園』

“賞心庭”の頭上に建つ、まるでフィナンシェのような建築。これが禅と庭のミュージアムの主要アート・パヴィリオン《洸庭》。
設計やその中の作品を手がけられているのが名和晃平さんと彼の拠点SANDWICH――名和晃平さんは東京都現代美術館での個展を初め、拠点である京都にある『ホテルアンテルーム京都』などなど様々な場所・芸術祭で作品を鑑賞している大好きなアーティスト。名和さんと日本庭園の組み合わさった作品を観られるのは個人的にはたまらん!

施主の本業にもつながる“船”をイメージした現代的な造形をした建築でありながら、屋根はこけら葺き、そして木目調の外観とあくまで寺院建築であることを感じられる。

そしてその前に広がる庭園。ランドスケープ監修は西畠清順(そら植物園)、作庭を手がけられているのは“賞心庭”と同じく中根庭園研究所・中根史郎。
建造物を取り囲むぐり石が“船を囲む大海”を表現しているとしたら、築山泉水式庭園はあの世でしょうか。山の中から流れ込む小川を眺め見る場所にある、ストライプが描かれた自然石がSANDWICHの作品らしさを感じる。SANDWICHファンには日本庭園の“石”に注目してもらいたい、そんな庭園!

>> 中根庭園研究所・中根史郎による日本庭園“賞心庭”と藤森照信建築“松堂”

>> 中村昌生による茶室“秀路軒”“一来庵”

>> 中根金作の枯山水庭園『神勝寺 無明院庭園』

(2017年12月、2021年4月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR山陽新幹線・福塩線 福山駅より路線バス「神勝寺」バス停下車 徒歩5分/「山南農協前」バス停より徒歩25分
JR山陽本線 松永駅から路線バス「みろくの里入口」バス停下車 徒歩20分

〒720-0401 広島県福山市沼隈町上山南91 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
神勝寺 禅と庭のミュージアム“賞心庭”
神勝寺 禅と庭のミュージアム“賞心庭”

神勝寺 禅と庭のミュージアム“賞心庭”について 「天心山 神勝寺」(しんしょうじ)は造船大手“常石造船”の社長・神原秀夫が開基となり1965年(昭和40年)に創建された臨済宗建仁寺派の禅寺。 …

神勝寺 茶室“秀路軒”“一来庵”
神勝寺 茶室“秀路軒”“一来庵”

神勝寺茶室“秀路軒”“一来庵”庭園について 「天心山 神勝寺」(しんしょうじ)は造船大手“常石造船”の社長・神原秀夫が開基となり1965年(昭和40年)に創建された臨済宗建仁寺派の禅寺。その境 …

神勝寺 無明院庭園
神勝寺 無明院庭園

神勝寺無明院庭園について 「天心山 神勝寺」(しんしょうじ)は造船大手“常石造船”の社長・神原秀夫が開基となり1965年(昭和40年)に創建された臨済宗建仁寺派の禅寺。その境内に、2016年に …

福山市ぬまくま文化館(枝広邸)庭園
福山市ぬまくま文化館(枝広邸)庭園

福山市ぬまくま文化館(枝広邸)庭園について 「福山市ぬまくま文化館(枝広邸)」(ふくやましぬまくまぶんかかいかん・えだひろてい)は当地で江戸時代から続いた町医者・枝広家の旧邸。現 …