栗林公園Ritsurin Garden, Takamatsu, Kagawa

高松松平家による江戸時代初期の大名庭園で、日本三名園にも劣らない、四国・西日本を代表する名園。国の特別名勝。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

。「栗林公園」は江戸時代初期、高松藩主・高松松平家の時代に作られた大名庭園で、四国や西日本を代表する名園。
とにかく広い。代表的な景観は公園の南東側の「飛来峰」から紫雲山を借景とした池泉式庭園と偃月橋の眺めで、橋の奥側にある茶室「鞠月亭」(きくげつてい)も江戸時代の初期に建てられた和風建築。
庭園が現在の広さになったのは大正時代の拡張を経た後とのこと。日本三名園にも劣らないとも評価されているのも納得の庭園です!
(2013年1月、2016年10月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス / Access

JR高徳線 栗林公園北口駅より徒歩5分
琴電琴平線 栗林公園駅より徒歩8分
JR高松駅より約2.5km(高松駅前にレンタサイクルあり)