六義園(雪)Rikugien Garden (Snow), Bunkyo-ku, Tokyo

季節外れの雪が彩った、東京を代表する大名庭園の紅葉と雪景色――

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

雪と紅葉の六義園。

「六義園」(りくぎえん)は東京を代表する大名庭園の一つで、

江戸幕府第5代将軍・徳川綱吉の側用人であり川越城主だった柳沢吉保が、綱吉から拝領された土地に江戸下屋敷とともに7年の歳月をかけて作られた池泉回遊式庭園。そののち明治時代には三菱財閥創業者・岩崎弥太郎が所有していたことも。

イベントごとに何度も訪れている六義園ですが、2016年11月東京で季節外れの雪が積もった際にも訪れました!東京では珍しかった、紅葉と雪の日本庭園の景色――藤代峠からの眺めが特に美しかった…!

また例年春には枝垂れ桜のライトアップ、秋にも紅葉ライトアップのイベントが行われます。

ライトアップ時の記事はこちら。

普段の六義園の写真(紅葉期)はこちら。

(2016年11月の雪の日の記事です。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR山手線・地下鉄 駒込駅より徒歩7分
都営地下鉄 千石駅より徒歩10分

〒113-0021 東京都文京区本駒込6-16-3 MAP