沼津御用邸記念公園 東附属邸・茶室“翠松亭”Numazu Goyotei Park Higashi-Fuzokutei Garden, Numazu, Shizuoka

明治時代に造営され、大正天皇・昭和天皇・上皇陛下も度々訪れ利用した皇室の別邸と茶室…“旧沼津御用邸苑地”として国指定名勝。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

沼津御用邸記念公園 東附属邸/茶室“翠松亭・駿河待庵”について

「沼津御用邸」(ぬまづごようてい)は明治時代に造営され昭和中期まで皇室・皇族の静養の場として利用された別邸。現在は『沼津御用邸記念公園』として一般公開されており、2016年には『旧沼津御用邸苑地』として国指定文化財()となりました。日本の歴史公園100選。

2022年7月に約6年ぶりに訪れました!あの時は大雨で急ぎ足で見たんだけど、今回改めて訪れるとめちゃくちゃ広くて見応えあるなと…。写真も多くなったので「西附属邸」と「東附属邸」を分けて紹介します。
ここでは「東附属邸」と茶室「翠松亭・駿河待庵」とその庭園を紹介。

その歴史について。1893年(明治26年)に当時皇太子だった大正天皇のご静養のために造営が開始。駿河湾に面し富士山も望むこの地は景色も良く気候も温暖で、先に西郷従道大山巌川村純義といった陸海軍の大臣の別荘が建てられていたそう。川村純義は後に昭和天皇の養育係もつとめました。

景勝地としても知られた“千本松原”の中を縫うように造営された沼津御用邸。現在見学できる「西附属邸」と「東附属邸」の間にも広大な園地が広がりますが(その中に『沼津市歴史民俗資料館』も)、元はこのスペースに一番最初に建築された「本邸」が存在しました。

残念ながら本邸は太平洋戦争の空襲で焼失。本邸に付随する洋館は片山東熊河面徳三郎が担当していたそう。本邸と「東附属邸」の間には防空壕の跡も残ります…それを思えば西附属邸・東附属邸が被害を受けず、明治時代の建築を和風建築を今に伝えるのは不幸中の幸いとも言える。

本邸焼失の後は西附属邸が本邸の役割を果たしていましたが、1969年(昭和44年)に沼津御用邸は老朽化などもあり廃止。幼少期や皇太子時代から沼津御用邸に滞在する期間が長かった昭和天皇皇后両陛下は最後の年にも訪れ、お別れの時間を過ごしたそう。そんな昭和天皇と共に現在の上皇陛下もたびたび沼津を訪れていました。

廃止の翌年1970年には沼津市に無償で貸与され、都市公園「沼津御用邸記念公園」として開園。先の老朽化については平成年代の1993年〜98年に再整備が行われて現在に至ります。

で、ここから「東附属邸」について。公園内の施設としては「西附属邸」がメインといった感じだけれど、そこから徒歩5分ほど離れている「東附属邸」の方が実は設けられたのは古い。

1903年(明治36年)幼少期の昭和天皇の御学問所・居所として、『赤坂離宮』の官舎を移築し造営されたのが東附属邸。だから建築年代は更に古いことにもなる。そして西附属邸ほどじゃないにせよ、こちらも建物面積は552平方メートルと超広い…。

公開施設になっている西附属邸に対し、この東附属邸は現在は沼津市民の文化施設として貸し出し利用されています(お茶会等のイベントのみならず前撮りなどの写真撮影も)。利用がなければ室内も見学できるみたい?だけどこの日はお茶のイベントがあり…庭園のみの見学。

東附属邸の庭園は西附属邸とはまた違った趣で、石板やコンクリート?による起伏のある園路が設けられ、その脇に四季の植物が植栽された回遊式庭園となっています。

その一角にある茶室が“翠松亭”“駿河待庵”。これらは公園になった後、平成年代に新たに建立されたもので、“駿河待庵”はその名前の通り千利休による京都・大山崎の国宝茶室“待庵”の写し。
この周辺の露地庭園が沼津御用邸記念公園の中で最も「日本庭園っぽい」エリアで、翠松亭の前からの沼津アルプスの山々の借景も美しい!設計は京都・空間創研

…ただ公式サイトに載っているかつての露地の写真と比べると、苔も根付かず飛び石が土に埋もれ(地盤沈下なのかな)当初の美しい姿とは異なる。言って沼津は静岡のいち地方都市、なかなかそんな茶会とかで使われる回数も多くないだろうしなあ…。それでも西附属邸だけ見て終わってしまうのはもったいない!のでぜひ東附属邸もチェックしてみて。

>> 西附属邸はこちら。

(2016年9月、2022年7月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR東海道本線 沼津駅より路線バス「御用邸」バス停下車 徒歩7分
JR沼津駅より約4km(駅前&御用邸前にシェアサイクルのポートあり)

〒410-0822 静岡県沼津市下香貫2802-1 MAP