西本願寺庭園“虎溪の庭”“滴翠園”Nishi Hongan-ji Temple Garden, Kyoto

世界遺産の寺院に残る特別名勝・本願寺大書院庭園“虎溪の庭”と、京都三名閣“飛雲閣”の池泉回遊式庭園“滴翠園”。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

西本願寺大書院庭園“虎溪の庭”と飛雲閣庭園“滴翠園”について

【通常非公開・時々特別拝観あり】
「西本願寺」(にしほんがんじ)は世界遺産“古都京都の文化財”に構成されている京都を代表する寺院。境内入って正面にのぞむ“御影堂”“阿弥陀堂”をはじめ多くの国宝を有し、金閣・銀閣と並んで“京の三名閣(京都三名閣)”と称される国宝“飛雲閣”の池泉回遊式庭園“滴翠園”が国指定名勝、同じく国宝の書院の庭園“虎溪の庭”が「本願寺大書院庭園」として国の特別名勝となっています。

2つの名勝庭園は通常非公開ですが、春(5月頃)や秋(10月頃)に不定期で特別拝観が催されます。これまで2016年10月の特別拝観と、2020年9月の特別拝観に参加。いずれも撮影は禁止だったので冒頭の飛雲閣のポストカードを撮ったもの…。
なお2019年春に2日間だけ行われた『飛雲閣修復現場特別公開』では飛雲閣の外観の撮影も可能だったみたいで。羨ましいー!

本願寺の歴史は鎌倉時代の1272年、浄土真宗の宗祖・親鸞聖人の娘・覚信尼が京都の東山に「大谷廟堂」を建立したことにはじまります(現在の「大谷本廟」は江戸時代に現在地に移転したもの)。
豊臣秀吉によって現在地へ移されたのは桃山時代の1591年(天正19年)、その後『東本願寺』の分裂もありつつも、西本願寺境内には江戸時代初期に建てられ400年以上の歴史ある建造物が数多く残ります(いずれも国宝の御影堂、書院、“日本最古の能舞台”と言われる北能舞台など)。

書院や庭園は通常非公開。特別拝観時には豪華絢爛な障壁画や欄間の彫刻が見られる書院内部はもちろん、庭園も撮影不可。ということで写真は西本願寺の公式サイトにて。ここでは二つの庭園のみ詳細を補足。

■飛雲閣庭園“滴翠園”
繰り返しになりますが金閣、銀閣と並び“京の三名閣”の一つと言われる楼閣建築。左右非対称のデザイン、かつ2階・3階の窓の絵柄の雰囲気がその格式高さを感じさせる一方で建築年代や誰が建てたかなどはまだ不明なんだそう(最初の認識は“豊臣秀吉が聚楽第に建立した遺構”という話だったけど、公式サイトには明記されていないのでまだ“諸説ある”状態)

その飛雲閣をうつす池泉回遊式庭園が“滴翠園”。池にかかる石橋は後から追加されたもので、当初から建物までは滄浪池の池中を船で移動していた(飛雲閣の足元には船着き場が残る)とされるので、その庭園も江戸時代初期に作庭されたものかな。いつか飛雲閣の内部の特別公開などがあるのならば、すごく高くても行きたい…。

■本願寺書院庭園“虎渓の庭”
そして国宝の書院に面するのが枯山水庭園“虎渓の庭”。桃山時代~江戸時代初期に中国の景勝地・廬山とその渓谷を表現し作庭された庭園。どこかで小堀遠州作庭と見聞きした記憶があるのだけど気のせいかも…。京都に残る江戸初期の枯山水庭園の中でもかなり大規模なことから、当時の本願寺の権力の大きさを感じさせる庭園です。

(2016年10月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR東海道新幹線 京都駅より徒歩15分
JR嵯峨野線 梅小路京都西駅より徒歩10分

〒600-8501 京都市下京区堀川通花屋町下る本願寺門前町 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
渉成園(枳殻邸庭園)
渉成園(枳殻邸庭園)

東本願寺 渉成園について 「渉成園」(しょうせいえん)は京都駅から最も近い国指定名勝の庭園。大きな通り(烏丸通)を挟んでいますが、京都を代表する寺院の一つ『東本願寺』の境内(飛地)に …

梅小路公園“朱雀の庭”
梅小路公園“朱雀の庭”

梅小路公園“朱雀の庭”について 「朱雀の庭」(すざくのにわ)は京都駅から程近くの都市公園「梅小路公園」(うめこうじこうえん)にある現代日本庭園。1995年開園。作庭を手掛けたのは京都・ …

オリエンタルホテル京都六条庭園
オリエンタルホテル京都六条庭園

オリエンタルホテル京都六条について 「オリエンタルホテル京都六条」は明治時代に神戸の旧居留地で開業した日本最古級の西洋式ホテル「オリエンタルホテル」系列の、2019年11月にオープ …

真如院庭園
真如院庭園

真如院庭園について 【通常非公開/秋に特別公開日あり】 「真如院」(しんにょいん)は室町時代に創建された、足利将軍家や織田信長も訪れたという寺院。昭和中期頃に現在に移転し、現在残る枯 …