仁和寺庭園Ninna-ji Temple Garden, Kyoto

平安時代創建の世界遺産・国宝寺院で、亀岡末吉や七代目小川治兵衛ら近代の名匠の建築や庭園を味わう。国指定名勝。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

仁和寺御所庭園について

「古都京都の文化財」の構成寺院である「仁和寺」(にんなじ)は平安時代の888年に創建された、真言宗御室派の総本山寺院。国宝の金堂を筆頭に国の重要文化財建造物が立ち並ぶだけでなく京都屈指の桜の名所で、境内の「御室桜」は国指定名勝。また書院の庭園は江戸時代以降に段階的に作庭されたもので、大正時代に七代目小川治兵衛(植治)により現在の姿へと整えられました。2020年11月に国指定名勝となりました。
2020年9月に約4年ぶりに拝観!最近ではOMURO88が話題ですが、現代アート寄りの…ゼロ・ヒガシダ彫刻展も現在開催中。

世界遺産の『金閣寺』『龍安寺』、そしてこの仁和寺を結ぶ“きぬかけの路”に面した大きな仁王門が出迎えてくれる仁和寺の歴史は平安時代にさかのぼります。886〜8年の建立直後、宇多天皇が初代住職として入寺し法皇に。それ以来代々皇室出身者が住職をつとめる門跡寺院となり、“御室御所”と呼ばれるように。

しかしやっぱり室町時代に応仁の乱の戦乱で大部分を焼失。国宝の金堂のみちょっと年代が早く1613年(慶長年代)に建てられた『京都御所』の宸殿を賜り移築したものですが、それ以外の仁王門・五重塔・御影堂・経蔵などは江戸幕府三代目将軍・徳川家光の援助により寛永年代の終わり頃(1644年頃)に再建されたもの。

有料拝観エリアの書院(御殿)で各種庭園が見られますが、この御殿は明治時代の1887年に焼失がありそれ以後に再建されたもので、近代の建築になる大玄関、城書院、黒書院、霊明殿、宸殿などが国登録有形文化財。
中でも宸殿は近代に社寺の修復などを手掛けた建築家・亀岡末吉の代表作と言われます。格天井の部屋の意匠もすごい。ちなみに伊勢の国重文の近代和風建築『賓日館』で名前を挙げた塩野庄四郎もこの仁和寺書院の再建プロジェクトに関わっているとか。

その御殿の庭園は大きくわけて広大な白砂の広がる“南庭”、そして五重塔を借景とした池泉庭園“北庭”の二つに分けられます。京都市指定名勝としては非公開の茶室“飛濤亭”“遼廓亭”の露地庭も含まれるそうですが露地庭は非公開(遼廓亭の露地庭は“霊明殿”へと至る回廊から遠目に眺められる)。一面の白砂の南庭の中には左近の桜・右近の橘が植えられ、正面の勅使門が存在感を放ちます。

宸殿に面した池泉庭園の南庭。江戸時代の元禄年間、1689〜1692年頃より造営がはじまり、江戸時代のうちに一度完成をみたものの、先の明治時代以降の建物の再建に伴って小川治兵衛により整備され現在に至ります。
借景として眺め見ることのできる五重塔に国重文の茶室「飛濤亭」、手前の白砂、そして正面の大滝に北側には山々の風景…とビューポイントがいくつもある素晴らしい庭園。

なお築山の中腹にある茶室「飛濤亭」は光格天皇も好んだという茶室、「遼廓亭」は仁和寺の門前にあった尾形家より移築したもの。いずれも国指定重要文化財となっている江戸時代中期〜後期の二つの茶室…いつか特別拝観等が行われてほしい!

(2013年1月、2016年10月、2020年9月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

嵐電北野線 御室仁和寺駅より徒歩3分
JR嵯峨野線 花園駅より徒歩20分弱
最寄りバス停は「御室仁和寺」下車すぐ

〒616-8092 京都府京都市右京区御室大内33 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
旧邸御室庭園
旧邸御室庭園

旧邸御室庭園について 【「京の夏の旅2018」で初公開/2020年9月5日(土)~10月4日(日)に特別公開】 「旧邸御室」(きゅうていおむろ)は京都市の郊外、妙心寺や仁和寺近くの右京区御室に昭和初期 …

龍安寺庭園“石庭”
龍安寺庭園“石庭”

龍安寺庭園について “石庭”(The Rock Garden)と呼ばれる枯山水庭園で知られる「龍安寺」(りょうあんじ)は室町時代の1450年に創建された寺院。世界遺産「古都京都の文化財」にも構成されて …

等持院庭園
等持院庭園

等持院庭園について 「等持院」(とうじいん)は室町幕府初代将軍・足利尊氏により創建された寺院で、足利将軍家の菩提寺。開山として招かれた夢窓疎石の作庭と伝わる池泉回遊式庭園は近年京 …

金閣寺庭園(鹿苑寺庭園)
金閣寺庭園(鹿苑寺庭園)

金閣寺庭園(鹿苑寺庭園)について 金閣寺(きんかくじ)として知られる「鹿苑寺」 …