奈義町現代美術館“奈義の龍安寺”“Nagi's Ryoanji”, Nagi Museum Of Contemporary Art, Okayama

360度で体験する龍安寺の石庭――建築家・磯崎新が3人の現代アーティストと共に作り上げた現代美術館。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

■宮脇愛子「大地」の部屋≪うつろひ-a moment of movement≫(4〜6枚目)⇒公式作品解説
■岡崎和郎「月」の部屋≪HISASHI-補遺するもの≫(7枚目)⇒公式作品解説
■荒川修作+マドリン・ギンズ「太陽」の部屋 ≪遍在の場・奈義の龍安寺・建築する身体≫(1枚目、8〜15枚目)⇒公式作品解説

奈義町現代美術館について

「奈義町現代美術館」(なぎちょうげんだいびじゅつかん)は2019年にプリツカー賞を受賞した世界的建築家・磯崎新により設計された美術館。1994年開館。通称はNagiMOCA(ナギ・モカ)。

この秋、久々に津山へ行こうというのは決めていて――結果的に宿を智頭急行線沿線に取ったので、智頭町に寄ってそこから因美線で津山かな〜というのが当初のルート。
で、Googleマップを眺めていたら――津山と智頭の中間点にちょうど“奈義町”があるぞと。この『奈義町現代美術館』は現代アートや建築好きになった数年前に「行きたい!!!」と思っていた場所。一時期と比べると現代アート熱は落ち着いてるけど――奈義のこんな近くに行く機会もそう無い。行きたい。

但し智頭町から奈義町への公共交通機関は無し。国道53号線が真っ直ぐ貫いているけど需要は無いのかバスは無し。原付のレンタルがあれば行けるのにな…(ていうかレンタカーに乗れたらラクなのにな…)。
でも「行った方が良いよ!」というアート・建築方面の友人の強い推しもあり、智頭のタクシーの運ちゃんに「●千円で行ってくれませんか?」と交渉し…w、国道53号線経由で奈義町へ。公共交通機関で行ったら2〜3時間掛かりそうなところ、30分そこらで到着。写真では何度も見ていたあの筒…!
※別に智頭から行こうと思わなければ津山からの路線バスは1時間に1本程度あります。ちなみに日祝以外なら林野駅からの路線も。

そんな鉄道駅からの交通アクセスは決して良くないNagiMOCAですが、周辺には町立図書館、文化センター、ピザ・レストラン、町役場、そしてそれぞれの周辺の開放的な芝生広場と那岐山への開けた眺望――と、ランドスケープと一帯になった都市計画がちゃんと遂行されている感じ。
美術館もレストランもとても賑わっていて、街の人・それ以外の人にとって集う場にちゃんとなっている。

NagiMOCAの特徴は、荒川修作+マドリン・ギンズ岡崎和郎宮脇愛子という3組のアーティストに、“他の美術館に収集されることが不可能な”巨大作品を依頼し、その作品そのものが美術館の空間となり、アーティストと磯崎新が共同で作り上げた、建築と作品が半永久的に一体となった美術館。
個人的なメインは荒川修作+マドリン・ギンズですが、岡崎和郎さんの個展も過去に足を運んだりもしていた。

外観からも気になる円筒状の部屋。この中には、荒川修作+マドリン・ギンズの作品・太陽≪遍在の場・奈義の龍安寺・建築する身体≫があります。
個人的に2019年秋まで住んでいた東京都三鷹市には『天命反転住宅』という一風変わったアートな建物(集合住宅)があります。見学イベントにも足を運んだし、それで知った岐阜の『養老天命反転地』にも足を運んで――もう一つの代表的な作品がこのNagiMOCAの作品!

円筒の中に、京都・龍安寺を模した石庭が向かい合って表現されている。でもあの直線的な枯山水が、決して真っ直ぐ向かい合ってるわけではない。身体のバランスを崩す、荒川修作+マドリン・ギンズの作風。だったら寝転がって見てみよう――龍安寺の石庭を寝転がって真上から見るような、新しくて不思議な感覚。…自分が寝転んでたら周りの若者も寝転び出したり(笑)
龍安寺の石庭を、上から見たり後ろから見たり。生身の身体でVRをやってる感じ?いや今だったら確かにVRで出来てしまうかもしれないけれど、それを実作品にした荒川修作ハンパないって。

それであって部屋の中央にはシーソーと鉄棒があって、その頭上にはやっぱり対となるシーソーと鉄棒があって。養老天命反転地も(たぶん)子供も楽しめるテーマパーク。三鷹天命反転住宅を舞台にした『死なない子供』という映画も発表された。人としての身体のバランスを取り戻す装置としてのシーソーと鉄棒。

龍安寺をはじめとした枯山水庭園は、禅の精神はさておき(本当はさて置いちゃ駄目なんだけど)、世界的に“芸術・アート”として受け入れられている感じがする。そんな人がこの作品と出会ったら間違いなく興奮するし1時間・2時間と眺めていられるのでは。石や砂はどうやって貼り付いてんの…!?足を運んで間近に見てみて!

(2019年11月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR津山駅より路線バス「ナギテラス」バス停下車 徒歩5分

〒708-1323 岡山県勝田郡奈義町豊沢441 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
養老天命反転地
養老天命反転地

芸術家・荒川修作とマドリン・ギンズによって構想され作られたアートな公園。(2014年1月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。) 関連サイト / …

ナギテラス“みんなの庭”
ナギテラス“みんなの庭”

ナギテラス“みんなの庭”について 「多世代交流広場ナギテラス」は2019年春にオープンした奈義町立の施設。観光案内所、バスの待合所のほか、勉強や作業に使えるフリースペースやギャラリーと …

安養寺庭園
安養寺庭園

安養寺庭園について 【拝観は要事前連絡】 「仁王院安養寺」(あんようじ)は“美作三湯”湯郷温泉から程近くにある真言宗御室派の寺院で、小堀遠州作と伝わる庭園が美作市指定名勝です。 5年 …

衆楽園(旧津山藩別邸庭園)
衆楽園(旧津山藩別邸庭園)

衆楽園(旧津山藩別邸庭園)について 「衆楽園」(しゅうらくえん)こと旧津山藩別邸庭園は江戸時代初期に津山藩二代目藩主・森長継が京都から庭師を招き作庭された大名庭園で、国指定名勝。 …