妙心寺 大雄院庭園Myoshinji Daioin Temple Garden, Kyoto

徳川家康の後妻・お亀の方や近代に絵師・柴田是真ゆかりの寺に残る、江戸中期の苔の美しい枯山水庭園。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

妙心寺 大雄院庭園について

【通常非公開・特別拝観期間あり】
「大雄院」(だいおういん)は国指定名勝『桂春院庭園』と隣接する妙心寺の塔頭寺院。徳川家康の後妻・お亀の方が家康より賜り伏見より移築された客殿(本堂)・書院・庫裏・表門が京都府指定登録文化財。苔の美しい枯山水庭園がある他、近代に活躍した絵師・柴田是真による襖絵で知られます。

前からTwitterをフォローしてて訪れたいなあと思っていた寺院を2019年秋に初めて拝観。そして一か月で2度訪れました!1回は紅葉の時期の特別拝観。もう1回はHUSKING BEE磯部正文さんの絵画展&アコースティック・ライブ。ライブの話は終盤で…。

大雄院は播磨国・竜野城主を務めた石川光元の息子・石河光忠(石川光忠)が父・光元の菩提を弔うために江戸時代のはじめ、1603年に創建。
光忠の母・お亀の方は光元の死後に徳川家康に見初められ、初代尾張藩主となった徳川義直を産みました。その縁から石河光忠は尾張藩の重臣に、そして大雄院に伏見の屋敷が与えられました。ただし現在建つ伽藍は、客殿と書院は1726年(享保11年)に再建されたもので、庫裏は江戸時代末期のもの。

客殿から眺められる庭園は大部分が苔の美しい枯山水庭園で、書院前?に小さな池泉があります。約300年前からこの姿ということなので江戸時代中期の客殿・書院の再建の際にあわせて作庭ということなのかな。

そして今回ライブ会場にもなった客殿の襖絵を描いたのが、江戸時代末期~明治初期の絵師・柴田是真(しばたぜしん)。全72面にも及ぶ大雄院の襖絵は若かりし是真の初期の大作であり、また現存する作品の多くが海外に流出しているため国内の作品としても貴重(その他、トーハクや静嘉堂文庫美術館、佐野美術館など割かし有名な美術館・博物館が作品を所蔵)。
また柴田是真が明治宮殿の千種の間に描いた“花の丸大天井”を現代の宮絵師・安川如風が襖絵として蘇らせる『襖絵プロジェクト』も見どころ。

磯部正文絵画展×大雄院

最後に磯部正文さん(以降いっそん)のライブの話も少しだけ。AIR JAM世代――は自分より少し上の世代ですが、自分も学生の頃ハスキンも好きだったバンドの一つでCDも持っているしロック・フェスでも観た(最初の解散前)。あと磯部正文BANDも。そんなバンドのボーカリストが京都のお寺でアコーティック・ライブって……めっちゃくちゃ良い!

夜のお寺で、アンプを通さない生声、生のギターの音、時折聞こえる庭園の池泉の滝の音…という環境。そして月も綺麗だったシチュエーションでの、15やそこらの頃聴いてた“THE SUN AND THE MOON”はやっぱ痺れたなあ…そして大好きな“The Steady-State Theory”も、“欠けボタンの浜”も“新利の風”ももちろん“WALK”も!

その少し後、HUSKING BEEの25周年ツアーにも足を運んだ。庭園と違って――バンドには解散や活動休止がある。笑。死ぬまで観続けられるものではない。彼らが復活してまた観られるのは本当に嬉しい。
一方でライブは当たり前のように数千円払って見るものだけど、庭園やお寺の入場料・拝観料は数百円。庭園もライブのチケット代と同じように、大人がお金を支払う仕組になっていったらいいな、とも思ったり。

今の大人が投資して、若い子に安く体験してあげられたら。日本庭園というカルチャーが未来に繋がる。その点、大雄院に限らないけど――100年以上前の若いクリエイターの作品を大切にし続け、お寺の宝にしているって、すごいよなあ。アート作品の残し方、についても改めて考えさせられる。

(2019年11月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR嵯峨野線 花園駅より徒歩13分
嵐電北野線 妙心寺駅より徒歩7分
最寄りバス停は「妙心寺北門」バス停 徒歩2分

〒616-8035 京都府京都市右京区花園妙心寺町52 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
妙心寺 桂春院庭園
妙心寺 桂春院庭園

妙心寺・桂春院庭園について 妙心寺の塔頭寺院「桂春院」(けいしゅんいん)は『退蔵院』、『大心院』とともに常時拝 …

妙心寺 大心院庭園
妙心寺 大心院庭園

妙心寺 大心院について 妙心寺の塔頭寺院「大心院」(だいしんいん)は『退蔵院』、『桂春院』とともに常時拝観可能な寺院で、退蔵院と同様に『足立美術館庭園』で知られる中根金作の手掛けた …

妙心寺 退蔵院庭園
妙心寺 退蔵院庭園

国指定名勝となっている室町時代の画家・狩野元信の作と伝わる枯山水庭園「元信の庭」と、中根金作の作庭による池泉式庭園「余香苑」。(2014年7月、2016年2月訪問。以下の情報は訪問時の情報です …

妙心寺 東海庵庭園
妙心寺 東海庵庭園

【通常非公開】国指定名勝。京都および日本を代表する寺院である「妙心寺」の塔頭の一つ「東海庵」。境内にある塔頭の中でも「妙心寺四派」の本庵の一つ。 江戸時代後期に造られた3つの枯山水庭 …