妙心寺 大心院庭園

Myoshin-ji Temple Daishin-in Garden, Kyoto

管領・細川政元や戦国武将・細川幽斎ゆかりの寺院に中根金作により作庭された枯山水庭園“阿吽庭”。

庭園フォトギャラリーGarden Photo Gallery

妙心寺 大心院について

妙心寺の塔頭寺院「大心院」(だいしんいん)は『退蔵院』『桂春院』とともに常時拝観可能な寺院で、退蔵院と同様に『足立美術館庭園』で知られる中根金作の手掛けた庭園があります。初めて拝観して以降も何度か通り掛かってたけど、(年間通して拝観可能なものの)たまたま法事などで拝観できなかったりで…2019年の夏に5年ぶりに拝観!

京都を代表する大きなの一つ「妙心寺」は建武の新政で知られる建武年代(1337年)の創建。現在も多くの塔頭が残り大きな寺町を形成しています。
この大心院は室町時代に管領・細川政元が景堂和尚を開山として創建。その後の安土桃山時代に細川幽斎によって妙心寺境内に移転されたと言われ(諸説あり?)、現在では庭園のある『東海庵』(通常非公開)の向かい。

冒頭の庭園“阿吽庭”により昭和年代に作庭されたもの。苔と白砂、そして刈込みで少し見えづらいけど石組によって竜が天に昇ろうとする姿を表現しているそう。手前の赤石(鞍馬のものでしょうか)がアクセントになってる感じがする。そして今回はサルスベリの花がきれいでした!
また玄関からそこに至るまでの本堂の南庭としてある枯山水庭園は“切石の庭”と言って、中央の花壇が特徴的。

大心院はとしての利用も可能だそう。詳しくは電話にて問合せを!

(2014年7月、2019年8月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR山陰本線 花園駅より徒歩約10分
嵐電北野線 妙心寺駅より徒歩約10分
最寄バス停は「妙心寺前」または「妙心寺北門前」。いずれも徒歩5分程

〒616-8035 京都府京都市右京区花園妙心寺町57 MAP

投稿者プロフィール

イトウマサトシ
イトウマサトシ
Instagram約9万フォロワーの日本庭園メディア『おにわさん』中の人。これまで足を運んで紹介した庭園の数は1,900以上。執筆・お仕事のご依頼も受け付けています!ご連絡はSNSのDMよりお願いいたします。
PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約10万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。