国立京都国際会館庭園Kyoto International Conference Center Garden, Kyoto

DOCOMOMO JAPAN選定。大谷幸夫によるモダニズム建築と、中村外二と川崎幸次郎による茶室“宝松庵”。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

国立京都国際会館“幸ヶ池庭園”“宝松庵庭園”について

「国立京都国際会館」(きょうとこくさいかいかん)は1966年(昭和41年)に開館した国際会議場。建築及び日本庭園の設計は昭和の建築家・大谷幸夫が手掛けました。その“モダニズム建築”は《DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築》にも選定されています。
建物内及び日本庭園は会議・イベントや施設見学会への参加で見学可能ですが、茶室“宝松庵”は通常非公開。

その存在は認識しつつも観光ではなかなか訪れる機会がなかった国立京都国際会館(ICC Kyoto)。例年春・秋に行われている茶会『宝松庵茶会』と、また別のタイミングで施設見学会で訪れました。
余談ですが、これが人生初のお茶会の参加。「茶の湯が分かると庭園のことがより分かる」という口車に乗せられて行って――まあ作法もわかっていないので緊張したのですが、あのゆったりとした時間の中で、全身でその建物・露地・お茶を楽しまれる――なるほどこれはすごい“遊び”だ。貴重な体験でした。今後も機会あれば参加したいし学びたい。

更に余談なのですが、今日これを更新しようと思ったのは、前の日に新国立競技場のこけら落としイベントが行われ――それを機に『ザハの方が良かった』という声が再度盛り上がっているのを見て色々思うことがあったので――メインは庭の紹介ですが、好きな建築の話もしたくなった。
あとこれまでも菊竹清訓建築『東光園』の日本庭園も紹介しているので、結局自分は建築も好き(建築も庭もDD)なんすよね…。

まずその特徴的な建築の話から。設計を手がけた大谷幸夫さんは若い頃は丹下健三さんの下で学び、広島『平和記念公園』にも携わりました。
日本の国としては初の「コンペ」で最優秀作品賞に選ばれた京都国際会館は――宇宙船や戦艦のような外観であり、内装も当時の“近未来的”なデザインが様々な意匠から見られる。京都という伝統的なものが重んじられる土地において、これだけ挑戦的なデザインがに選ばれたというのがすごく面白い。

ただ決して“伝統的なもの”が無視されている訳では全くない。この台形を組合せた外観のデザインは“茅葺屋根”や“合掌造り”を現代風に表現したもの。庭園を回遊しながらその建物を見ると、場面場面で比叡山が借景にバチッとハマる。
ああ、この建築は決して自然の中に“異様”なものを配したのではなく、当時“この山に溶け込む”ように設計されたんだ、ということがわかります。それを表現した大谷幸夫さんもスゴいけど、それを読み取った側もスゴい。選ぶ側も挑戦的だった時代。

また建物内部は建築の意匠のみならず、インテリアもモダン。担当したのは近代日本の世界的インテリアデザイナー・剣持勇。絨毯の色・模様も“枯山水の砂紋”や“苔庭”を表現したものとなっているそう。
館内には絵画やステンドグラス、レリーフなど様々な美術品が見られ、これらは当時この建築のために結成された美術家集団、A・A・A(Association des Artistes pour l’Architecture)によるもの。日本庭園内にも細川宗英、霜田大次郎さんの彫刻作品が配されています。

その日本庭園は“幸ヶ池”を中心とした池泉回遊式庭園――建築との組合せから“現代日本庭園”といった感じではありますが、その植栽や(先に書いた通り)周囲の山々を借景に取り込む点などあくまで“日本庭園”をこの時代らしく追求したもの。今回の季節にはちょうど山々の紅葉も美しかった!
更には建築見学の際に建物の上層から眺めた時には、隣接する宝が池公園と一体となっていて――より大きな池泉式庭園という風にも捉えられる。

そしてその池の畔にある茶室『宝松庵』は京都国際会館の初代理事長・松下幸之助から寄贈されたもの。宝ヶ池と松下幸之助の頭文字から名付けられたもので、その施工は京都の数寄屋建築の名工・中村外二、茶庭は松下真々庵の庭園も手掛けたとされる川崎幸次郎によるもの。
こちらは正に紅葉が見頃な中でのお茶会でした。そのような由緒ある場所で初のお茶会を体験できたことはすごく嬉しい。

モダニズム建築と庭園

最後に新国立競技場の話に戻ります(笑)自分は香港のザハ・ハディッド建築『香港理工大学』には行ったことある(⇒【香港旅行(2)。日本から一番行きやすい?ザハ・ハディッド建築「香港理工大学ジョッキー・クラブ・イノベーション・タワー」へ潜入してみた】のですが、この京都国際会館のエントランスを見てそのザハ建築を思い出したのよね。

勿論国内でもザハ建築見たかったけれど――一方でこれまで国立競技場にも数十回と足を運んできた1サッカーファンとしては、今更どちらが良かったというよりは、今後末永く新しい聖地・国立を愛したい。国立霞ヶ丘競技場の魅力は、あのハコが全てではなく、神宮外苑一帯のエリアも含めてのものなのだ。

確かに新国立はザハと比べればインパクト弱いかもしれない(補足:隈研吾さん建築も好きで色々見に行ってます)。けどそれを「日本はイケてない」と言い過ぎるのもどうなのかなって。
日本にはカッコいいモダニズム建築・近代建築が残されているし(前時代のものと言えばそうだけど)、一部は存続の危機に瀕している。

今回参加した建築見学会には海外からの若い建築学生2人組もいたのですが――話がぶっ飛ぶけど高松にある丹下健三建築の『香川県立体育館』。こちらも現在取り壊しの可能性があるモダニズム建築。
今年の夏に観に行ったんだけど――たまたま同タイミングで写真を撮っていたのは自分と、若い欧米系の男女だった。日本庭園もそうだけど、日本人自身が知って、守らなければいけない“魅力的なもの”ってまだまだある。

その香川県立体育館の周囲には重森三玲を更にモダンにしたような(イサム・ノグチ的な)石庭も見られた。立入禁止と貼られたフェンスとともに。この石庭の造り手が伝えたかったことは何なのだろう――この素晴らしい近代建築とともに、失われてほしくない、と思うけれど。
“庭屋一如”という概念自体は和風建築ばかりに当てはまるものではないはず――自分が近代建築・モダニズム建築の庭に惹かれるのは、まだそこが掴みきれてないからなのだと思う。

(2019年11月・12月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

京都市営地下鉄烏丸線 国際会館駅より徒歩5分

〒606-0001 京都府京都市左京区岩倉大鷺町422 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
圓通寺庭園
圓通寺庭園

圓通寺庭園について 「圓通寺」(えんつうじ)は江戸時代初期、後水尾上皇が造営した別荘「幡枝離宮」をルーツとし開かれた寺院。その枯山水庭園は後水尾上皇本人が作庭に携わったとも伝わり、 …

妙満寺庭園 雪の庭
妙満寺庭園 雪の庭

「妙満寺」(みょうまんじ)は室町時代に創建された寺院。かつては京都の街中にあり、現在地に移転したのは昭和中期になってからのこと。 枯山水庭園「雪の庭」は、江戸時代の歌人・俳人である松 …

蓮華寺庭園
蓮華寺庭園

蓮華寺庭園について 「蓮華寺」(れんげじ)は織田信長や豊臣秀次にも仕えていた加賀前田家の家老・今枝近義が洛中、現在の …

岩倉具視幽棲旧宅
岩倉具視幽棲旧宅

岩倉具視幽棲旧宅について 「岩倉具視幽棲旧宅」(いわくらともみゆうせいきゅうたく)は幕末から明治維新を代表する政治家・岩倉具視が幕末に一時失脚した際に3年間暮らした居宅。江戸時代末期 …