倉吉淀屋(旧牧田家住宅)庭園Kurayoshi Yodoya Garden, Kurayoshi, Tottori

“白壁土蔵群”の古い町並みに残る、大阪・淀屋橋の由来の豪商“淀屋”の屋号を受け継いだ倉吉最古の商家建築。倉吉市指定有形文化財。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

倉吉淀屋(旧牧田家住宅)庭園について

「倉吉淀屋」(くらよしよどや)は国の重要伝統的建造物群保存地区・倉吉市打吹玉川の“白壁土蔵群”の町並みにある江戸時代の町家・商家。倉吉で現存する最古の商家建築で、「旧牧田家住宅」の指定名で倉吉市指定有形文化財。

2022年春に約6年ぶりに倉吉へ。目的は先に紹介した国・県の文化財庭園『小川氏庭園“環翠園”』だったけれど、その他の公開されている文化財施設で小川家とも繋がりがあったとされるのが牧田家。庭園としてはこじんまりだけど紹介します。

牧田家は1700年代前半〜明治維新後の1895年まで続いた江戸時代の倉吉を代表する商家の一つ。
当時から屋号は“淀屋”。この淀屋は現代の大阪にも“淀屋橋”として地名が残る大坂の豪商・淀屋との繋がり/関連から来るもので、初代・牧田仁右衛門は大坂の淀屋で番頭だった人物。暖簾分けされ出身地の倉吉に淀屋を開きました。

一方で本家の淀屋はその財力を幕府に警戒されることになり、闕所(財産没収)処分されることに。結果的に淀屋を引き継ぐ形となった牧田家、二代目・牧田孫三郎が大坂にも進出すると三代目・牧田五郎右衛門の次男は元々の淀屋のあった“大川町”に木綿商として店を構え“淀屋清兵衛”を名乗りました。

そんな牧田家の住宅兼店舗がこちら。江戸時代中期の1760年(宝暦10年)に建築された主屋、1838年(天保9年)に建築された数寄屋風の意匠が素敵な付属屋が現存します。(2006年に倉吉市に建物を寄贈・土地が購入された後に復原修理されているため、一部の木材は新しい色をしている)

付属屋の奥に座敷から眺める庭園があります。この庭園の奥には観光駐車場があるのだけど、おそらくかつてはそこも牧田家の敷地(庭園)だったんじゃないかな…。(木塀含めて、現在の敷地に縮小された時に作り直したのかなという感じがする)

無料で見学ができる施設なので倉吉観光の際の休憩場所としても!ちなみに国登録有形文化財の銭湯“大社湯”まで徒歩1分以内。

(2022年5月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR山陰本線 倉吉駅より4.5km(駅にレンタサイクルあり)
倉吉駅より路線バス「新町」バス停下車2分/「白壁土蔵群前」バス停下車 徒歩5分

〒682-0873 鳥取県倉吉市東岩倉町2280-3 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
小川氏庭園“環翠園”
小川氏庭園“環翠園”

小川氏庭園“環翠園”について 【要事前予約】 「小川氏庭園“環翠園”」(おがわしていえん・かんすいえん)は国の重要伝統的建造物群保存地区・倉吉の“白壁土蔵群”の町並みの西端に位置する国 …

三朝館庭園
三朝館庭園

三朝館庭園について 「三朝館」(みささかん)は皆生温泉と並び鳥取県を代表する温泉地『三朝温泉』の温泉街の入口に位置する創業80余年の温泉旅館。1,000坪の広さの借景庭園のほか、昭和の代 …

旧永楽庵庭園“三楽庭”
旧永楽庵庭園“三楽庭”

旧永楽庵庭園“三楽庭”について 「旧永楽庵庭園・三楽庭」(きゅうえいらくあんていえん・さんらくてい)は皆生温泉と並び鳥取県を代表する温泉地『三朝温泉』の観光者向け駐車場に残る庭園。 …

深田氏庭園
深田氏庭園

深田氏庭園について 【見学には要予約】「深田氏庭園」(ふかだしていえん)は約800年前からこの地に暮らしかつては豪族だった深田家の自邸に残る山陰で最古の庭園。国指定名勝。 元は鎌倉 …