光悦寺庭園Kotesu-ji Temple Garden, Kyoto

本阿弥光悦が過ごした芸術村の面影を残す庭園。光悦好みの竹垣「光悦垣」と数多くの茶室も。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

光悦寺庭園について

「光悦寺」(こうえつじ)が建つこの地は、江戸時代初期に芸術家であり「琳派」の創始者・本阿弥光悦が徳川家康から与えられた鷹ヶ峰の麓の9万坪の土地の一部。本阿弥光悦はその土地に当時の文化人や芸術家を集め、芸術村(光悦村)を開きました。

その中でも、現在の光悦寺の境内に「法華題目堂」というお堂を建てたのが始まりとされ、このお寺のいわゆる禅寺とは違う庭園風景はその頃の面影を残している…?とのこと。寺院として創建したのは光悦の死後の江戸初期なかばで、境内には光悦の墓所も残ります。

芸術村だった場所の一部として別途「しょうざんリゾート」の苔の美しい日本庭園がありますが、そちらが完全に山の麓の庭園だとすると光悦寺は高台の上にある庭園。境内からは二方・三方を山に囲まれ、それらを借景としつつ鷹峰三山の自然を間近に眺められ、「翹秀軒」「本阿弥庵」付近からは眼下には京都市内の街並みを見下ろすことができます。

先の建築を含め、境内には7つもの茶室が点在しています。いずれも近代(大正時代)になってから新たに建てられたものですが、中でも「大虚庵」が光悦が晩年を過ごしたとされる場所に建った茶室で、それを囲うように独特の菱形の竹垣「光悦垣」が見られます。光悦垣という名前は本阿弥光悦がこのデザインを好んだことが由来だそう(発明した、というわけではないみたい)。

今回訪れたのが9月だったけど、すでに一部色づいているモミジ系の木も。紅葉期にはより美しいんだろうなあ。光悦寺から歩いてすぐのところに、「悟りの窓」「迷いの窓」や枯山水庭園の見られる寺院「源光庵」があります。

(2018年9月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

京都市営地下鉄烏丸線 北大路駅より約3km
近郊バス停は「源光庵前」バス停下車 徒歩3分

〒603-8466 京都府京都市北区鷹峯光悦町29 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
源光庵庭園
源光庵庭園

源光庵について 「源光庵」(げんこうあん)は室町時代に開かれた寺院で、現在の本堂・開山堂などの建築は江戸時代中期に建てられたもの。 本堂の裏に苔の美しい枯山水庭園があります。北山を借 …

しょうざんリゾート京都庭園
しょうざんリゾート京都庭園

しょうざん庭園について 「しょうざんリゾート」は金閣寺に沿った鏡石通を北へ入り、本阿弥光悦ゆかりの寺院「光悦寺」「源光庵」の南西に位置する複合リゾート施設。結婚式場をはじめ、会員制ホテ …

鹿苑寺(金閣寺)庭園
鹿苑寺(金閣寺)庭園

国指定名勝、特別名勝。世界遺産「古都京都の文化財」に構成されている寺院。室町幕府3代将軍・足利義満の命により建立。金閣を写す鏡湖池を中心とする池泉回遊式庭園。(2009年3月、2016年2月訪問。 …

本法寺庭園
本法寺庭園

国指定名勝。本阿弥光悦作庭の枯山水庭園「三巴の庭」は桃山時代の庭園。(2015年3月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。) 関連サイト / Related …