金升酒造庭園Kanemasu Shuzo Sake Brewery's Garden, Shibata, Niigata

新発田藩主・溝口氏の御菜園跡地にある酒造の田中泰阿弥が作庭した庭園。蔵をリノベしたカフェ・ギャラリーも。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

金升酒造庭園について

【冬季休業。営業日は要確認】
国指定名勝庭園『清水園』から徒歩10分強。「金升酒造」(かねますしゅぞう)は文政5年(江戸時代後期)創業の造り酒屋で、江戸時代には旧新発田藩主・溝口氏の御菜園(薬草園)の跡地だったこの地に大正時代に移転。
敷地内の昭和初期の酒蔵を改装した『金升蔵カフェ』の営業日(4月中下旬〜秋の週末・祝日。問合せ推奨!)に見学可能な日本庭園の一部は京都・銀閣寺の出入り庭師であり地元・新潟県内で名園を手掛けている田中泰阿弥による作庭。2019年のGWに初めて訪れました!

このGWに3年ぶりに新発田を訪れようと決めた目的は、この4月に公開が始まった『高澤邸庭園(菊水酒造庭園)』。そちらが田中泰阿弥の作庭の庭園ということでぜひ訪れたい!と思っていたのですが――庭屋一如研究会・藤井代表のご案内で伺ったこの金升酒造さんの庭園は、高澤邸の5年ほど前、昭和37年に作庭された庭園。なお公開が始まったのは2013年からとのことなので、一般の方の目に触れ始めたのはごく近年――新発田を訪れるのは4度目だったけど知りませんでした。

高澤邸庭園でも見られた青石で池泉や流れを表現する手法ではこの庭園でも用いられていたし、美しい苔が張り巡らされているのは田中泰阿弥の庭園らしくってやっぱ「好き!!」としか言えない――(金升酒造公式サイトの写真見ると、紅くなったモミジと苔の組合せがやっぱ美しい!!)。おそらく見る人が見ればその石組も興味深いはず。主屋の座敷側に立ち正面を眺めた場所には三尊石組がある――けどその青石の流れとは全く関係ない位置に立つんだよな。どういった意図なのかが気になる。
また庭園奥は大きく窪んでおり、その中にこじんまりとした池泉が。その畔にあるのが茶室「湖月庵」。茶室内を見ることはできませんが、この池に映る月を眺められるような設計になっているのかな。

庭園も素晴らしいのだけれど、金升酒造の建築群は白壁土蔵造りだったり、それ自体が古い町並みのようでそれがまた良い!『金升通信』というフリーペーパーも発刊されており、そのバックナンバーを読むと蔵を利用してジャズ・ライブやアート・ギャラリーとしても利用されているよう。以前は平間至さん(好き!!写真集持ってる!!)の写真展も開催され直近では岸本智也さんディレクションによるプロジェクション・マッピング・プロジェクトも。
個人的な思い出話だけど東京・渋谷PARCOにONLY FREE PAPERというフリーペーパーのみを置く店舗があった頃に足繁く通って旅の予定を立てていた。ああいうお店に置かれていてカルチャー好きに届けば面白い内容だよな〜…と。

あとお言葉に甘えてお昼から日本酒をいただきましたがキリッとしてて美味しかった。お酒大好きだから酒蔵の庭園とか楽しいのだけど、交通手段によっては呑むタイミングに迷う(笑)次回新発田へ訪れる際も立ち寄りたい!

(2019年5月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR白新線・羽越本線 新発田駅より徒歩12分(※駅にレンタサイクルあり)

〒957-0016 新潟県新発田市豊町1丁目9-30 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
清水園(清水谷御殿庭園)
清水園(清水谷御殿庭園)

同じ新発田の「五十公野御茶屋」と合わせて国指定名勝。新発田藩主・溝口氏の命によって作られた大名庭園。(2011年4月、2016年4月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイ …

高澤邸庭園(菊水酒造庭園)
高澤邸庭園(菊水酒造庭園)

高澤邸庭園(菊水酒造庭園)について 「菊水酒造」(きくすいしゅぞう)は「ふなぐち菊水一番しぼり」がとっても有名な酒蔵。元は明治時代に創業した造り酒屋であり、現在も創業の地・新潟県新 …

五十公野御茶屋庭園(奉先堂公園)
五十公野御茶屋庭園(奉先堂公園)

同じく新発田にある「清水園」と合わせて国指定名勝。新発田藩主・溝口家の別邸、茶寮として使われた庭園。(2011年4月、2016年4月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイ …

北方文化博物館庭園
北方文化博物館庭園

「北方文化博物館」(ほっぽうぶんかはくぶつかん)は新潟を代表する豪農の館。 広い敷地に当地の豪農・伊藤家の残した20件 …