革秀寺庭園

Kakushu-ji Temple Garden, Hirosaki, Aomori

弘前藩初代藩主・津軽為信の菩提寺に残る岩木山を借景とした池泉鑑賞式庭園と県指定天然記念物の百日紅、そして国指定重要文化財建築。

庭園フォトギャラリーGarden Photo Gallery

弘前城から岩木川を挟んで西側にある「革秀寺」は弘前藩初代藩主・津軽為信の菩提寺として江戸時代初期に創建された寺院。
江戸時代初期の建築である本堂と、同じく江戸時代初期に造られ今も漆塗りが美しい「津軽為信霊屋」がとなっており、境内全体は弘前市指定史跡。
本堂の裏側にある庭園は江戸時代初期に造られたもので、庭園にある樹齢400年のサルスベリ(津軽藩2代藩主による手植えのもの)は県指定。現在は水が入っていませんが、形からして岩木山を借景とした庭園だったのかな。庭園への順路がわかりづらい?けど自由拝観とのことでした。
(2018年7月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス / Access

JR奥羽本線 弘前駅より約4km(駅にレンタサイクルあり)
弘前駅より路線バス「向駒越」バス停下車 徒歩3分

〒036-8373 青森県弘前市藤代1-4-1 MAP

投稿者プロフィール

イトウマサトシ
イトウマサトシ
Instagram約9万フォロワーの日本庭園メディア『おにわさん』中の人。これまで足を運んで紹介した庭園の数は1,900以上。執筆・お仕事のご依頼も受け付けています!ご連絡はSNSのDMよりお願いいたします。
PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約10万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。