霞城館・矢野勘治記念館

Kajokan & Yano Kanji Museum Garden, Tatsuno, Hyogo

“播磨の小京都”龍野の城下町の中心に位置する文学館と、併設する正岡子規門下の歌人・矢野勘治の旧宅に残る和風庭園。

庭園フォトギャラリーGarden Photo Gallery

霞城館・矢野勘治記念館について

「霞城館」(かじょうかん)は2019年に国のに選定された“播磨の”龍野の中心部・龍野城の隅櫓の前にある文学館。
地元出身の歌人の旧宅を公開した「矢野勘治記念館」(やのかんじきねんかん)を併設します。2021年4月に初めて龍野を訪れた際に立ち寄りました。

江戸時代はとして、近代以降は“うすくち醤油”など醤油醸造で栄えた龍野。近現代には童謡「赤とんぼ」の作詞が有名な詩人・三木露風をはじめとして複数名の歌人/文人を輩出。
そのうち、三木露風、三木清、内海信之(泡末・青潮)、矢野勘治(興安嶺)の遺品や資料を所蔵・展示している施設が霞城館。開館は1978年(昭和53年)4月と古く、2021年4月からは公益財団法人童謡の里龍野文化振興財団が指定管理者として運営されています。

代表作として旧制第一高等学校の寮歌が挙げられる矢野勘治は正岡子規門下の歌人。晩年を過ごした自宅は氏の死後にたつの市に寄贈され、平成年代より記念館として公開を開始。

城下町を感じさせる白壁に囲われた旧宅。主屋の座敷前に立派な庭石を据えた和風庭園が残っています。主屋の東部分・北部分もスペースが空いているので…かつてはこの辺にも庭園があったのかもしれないなあ。

(2021年4月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR姫新線 本竜野駅より徒歩20分(駅前にレンタサイクルあり)
JR姫路駅より路線バス「龍野橋」バス停下車 徒歩10分

〒679-4179 兵庫県たつの市龍野町上霞城30-3 MAP

投稿者プロフィール

イトウマサトシ
イトウマサトシ
Instagram約9万フォロワーの日本庭園メディア『おにわさん』中の人。これまで足を運んで紹介した庭園の数は1,900以上。執筆・お仕事のご依頼も受け付けています!ご連絡はSNSのDMよりお願いいたします。
PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約10万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。