偕楽園(常磐公園)

Kairakuen Garden, Mito, Ibaraki

日本三名園の一つ。江戸時代後期、水戸藩主・徳川斉昭公により構想され、近代には本多静六が改修を手掛けた庭園。

庭園フォトギャラリーGarden Photo Gallery

水戸偕楽園について

「偕楽園」(かいらくえん)はの一つで、庭の“特別名勝”にも選ばれています。江戸時代後期、水戸藩主・徳川斉昭公によって構想され造られた公園で、後に近代の造園家・により都市公園として拡張。

好文亭から見渡す庭園と、庭園の一部として取り入れられている千波湖の風景が絶景。でもあり、現在の偕楽園はとても広く低地部にも庭園が整備されています。

(2010年5月、2016年11月、2017年4月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR常磐線 水戸駅より約3km(レンタサイクルあり)
水戸駅より路線バス「偕楽園入口」下車すぐ
東京から高速バスで向かう場合:「大工町」バス停より徒歩約10分

〒310-0033 茨城県水戸市常磐町1丁目 MAP

投稿者プロフィール

イトウマサトシ
イトウマサトシ
Instagram約9万フォロワーの日本庭園メディア『おにわさん』中の人。これまで足を運んで紹介した庭園の数は1,900以上。執筆・お仕事のご依頼も受け付けています!ご連絡はSNSのDMよりお願いいたします。
PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約10万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。