KAHO GALLERYカホ・ギャラリー

京都を代表する大工棟梁・中村外二による数寄屋建築の現代アートギャラリー、庭園は明貫造園・明貫厚の作庭。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

KAHO GALLERYについて

【不定期で企画展を開催】
「KAHO GALLERY」(カホ・ギャラリー)は京都を代表する寺院の一つ“京都五山”『東福寺』の国宝三門から程近くにある現代アート・ギャラリー。元は画家・下保昭のアトリエとして、京都を代表する数寄屋大工棟梁・中村外二が手掛けた現代数寄屋建築。

Hey! Say! JUMPの伊野尾慧さんが表紙の雑誌『Pen』は和風建築/数寄屋建築の特集だった。そこでも中村外二工務店さんがフィーチャーされていますが、中村外二さんの建築で訪れたいなあ、と思っていたのがこのギャラリー。2021年は春以降はなかなか空けておられなかったけど、秋に陶芸家・崔龍熙さんの個展が開かれた際に初めて足を運びました。

入口から玄関へと至る直線的な前庭は“現代風な露地庭”といった世界観で、画家の先代が好んで収集されたという庭石が効果的に配されています(玄関にも印象的な沓脱石が)。
お庭を手掛けられているのは京都・明貫造園・明貫厚さん。明貫さんは各種メディアで“京都を代表する庭師の一人”とも評され、ギャラリーからすぐ近くの『南明院庭園』(通常非公開)や『京都現代美術館』の坪庭の作庭、そしてあの俵屋旅館の庭のお手入れも担当されています。

ギャラリーとなった屋内は、広く取られたガラス戸や床の間が開放的をもたらしている素敵な和モダンな空間。奥には茶室も供えられています。

訪れた時は「画家のアトリエ」「KAHO」「中村外二」という単語をそれぞれ個別に認識していたのだけど。KAHO=下保さん…と分かって色々繋がった!
中村外二さんが晩年に地元に茶室を遺した『富山県水墨美術館』を以前紹介したけど、この美術館には同じく富山県出身の下保昭さんの作品室もあり、外二さんの茶室の命名も下保さんによるものだった。

“風光明媚な京都・東山の中腹に、京都の一流数寄屋大工により建てられた京都の文化功労者のアトリエ”――表向きにそう捉えるととても遠くキラキラした世界なのだけれど、寒い富山の冬を知る同郷の先輩による後輩のための空間――と捉えると、なんだかちょっと夢がある。また展示に訪れたいし、手が届く範囲で作品も買いたいな…。

(2021年11月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

京阪本線 鳥羽街道駅より徒歩10分
JR奈良線・京阪本線 東福寺駅より徒歩15分
最寄りバス停は「東福寺」バス停 徒歩15分

〒605-0981 京都府京都市東山区本町15丁目778-1 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
光明院庭園“波心庭”
光明院庭園“波心庭”

光明院庭園について 「光明院」(こうみょういん)は京都を代表する寺院の一つ・東福寺の塔頭寺院で、国宝の“三門”や六波羅門から徒歩2~3分の場所にあります。重森三玲作庭による枯山水庭園“波心 …

東福寺本坊庭園“八相の庭”
東福寺本坊庭園“八相の庭”

東福寺庭園“八相の庭”について 「東福寺」(とうふくじ)は室町時代に三代目将軍・足利義満によって定められた“京都五山”第4位に選ばれた京都を代表する寺院の一つで、臨済宗東福寺派の大本山 …

東福寺常楽庵庭園・通天橋
東福寺常楽庵庭園・通天橋

東福寺開山堂・普門院庭園・通天橋について 「東福寺」(とうふくじ)は室町時代には三代目将軍・足利義満によって定められた“京都五山”第4位に選ばれ、現在でも国宝の建築が複数残る京都を代 …

南明院庭園“蒼穹庭”
南明院庭園“蒼穹庭”

東福寺 南明院庭園“蒼穹庭”について 【通常非公開/2021年秋に特別拝観】 「凌雲山 南明院」(なんめいいん)は京都を代表する寺院の一つ『東福寺』の塔頭寺院。通常非公開ですが、2021年秋 …