本興寺庭園Honko-ji Temple Garden, Kosai, Shizuoka

小堀遠州による作庭と伝わる「遠州三名園」の一つ。国指定重要文化財の本堂も見所。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

本興寺庭園について

「本興寺」(ほんこうじ)は南北朝時代に創建したと伝わる寺院で、戦国時代に造られた現在の茅葺屋根の本堂は国指定重要文化財となっています。雰囲気のある山門・参道など、静岡県西部で現代の東海道本線沿線の駅から徒歩で行ける中では最も歴史が感じられる寺院かもしれません。

書院から眺められる池泉鑑賞式庭園の作庭は小堀遠州と伝わり、遠江国に残る「遠州三名園」の一つと言われます。早春と晩夏とこれまで2度訪れましたが、後者は緑が生い茂っていて江戸時代らしい護岸の石組みがよく見えづらいので、次行く時は春の早い時期か晩秋に訪れたい。

また遠州三名園「龍潭寺庭園」「長楽寺庭園」のほか、静岡県西部では磐田市の「医王寺庭園」も小堀遠州作庭説のある庭園。また湖西市内の庭園としては新居町駅から徒歩圏内に現代の名造園家・中根金作の作庭による「新居文化公園」があります。

(2015年3月、2016年10月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス / Access

JR東海道本線 鷲津駅より徒歩13分
浜松方面から路線バス「本興寺前」バス停下車 徒歩3分

〒431-0431 静岡県湖西市鷲津384 MAP